ロックT

GUで「METALLICA」のTシャツが販売されております。

a0168988_434433.jpg


現在はレディースのみのラインナップとのことですが、来る5月8日からはメンズとキッズも販売される予定とのことです。

オフィシャルのTシャツは3000円くらいしますが、GUではなんと790円(税抜き)で買えてしまいます。

みんなで着よう!メタリカTシャツ!!
[PR]
# by djfax | 2017-04-27 04:03 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

深夜ラーメン2連発

ネタ稼ぎ。

a0168988_632672.jpg


地元にあの「どてちん」が出来てたんです。

開店したのはもう去年のことなんですけど、先日仕事場の人と一緒に行って来ましてん。

写真は辛くない自分が食べた「らーめん(大盛り、野菜増し)」です。

最近食が細くなってきたのに結局アホなので大盛り注文してしまっていますが、何とか食べきることが出来ました(スープは残しましたけど)。

「何とか食べきることが出来る」とか表現してる時点で頭おかしいと思いますが、何しろ稀代のケチ野郎なので、普通盛りも大盛りも同価格となるとふわっと頼んじゃうんですよね。

貧乏なのに肥え死ぬという訳解んない末路を辿ると思います。

どてちんは安くておいしいのでお気に入りです^^

a0168988_6472474.jpg


山岡家の「辛味噌ラーメン(激辛、ネギ増し、大盛り)です。

山岡家は深夜はおろか、基本24時間営業なのでどうしても濃い目のラーメンが食べたいときに重宝させて頂いております。

ただその分価格が割高なのがネックですが、まずいと思ったことは一度もありません。

チェーン店なのでいい意味で味が安定してるのもいいですね(感動はありませんが)。

激辛と言っても「中〇」や「ど〇ちん」のような箸が止まるような辛さはありません。

最近はラーメンよりも、もっぱら魚と野菜を食べたいのに加齢を感じずにはいられない今日この頃でございました。
[PR]
# by djfax | 2017-04-26 03:14 | うま辛探訪 | Trackback | Comments(0)

ベリハン

恒例のいちご狩りに行ってきました。

a0168988_585651.jpg


もうかれこれ何年続けているのかも解らなくなってしまいましたが、ここ数年は同じハウスに通いっきりです。

栽培している種類が多く、何の不快感もないので毎年お世話になっております。

なので、定期的に子供の成長をひしひしと感じられるイベントでもあります。

一番最初に行った時は、まだ言葉も喋れずに抱えられたまま2~3粒あてがわれるだけでしたが、今では自分で捥いでヘタ取って25個も食べやがります。

最早普通の人間です。

ただ今回ひとつ残念だったのは、時間無制限&高床ハウスで快適だったものの種類が少なく、嫁が楽しみにしていた「チーバベリー」と「黒いちご」が食べれなかったということ。

それでもいざ食べてみれば例年通り度肝を抜かれるくらい食べまくってましたけどね。

2人とも幸せそうで何よりでした。

来年こそはチーバベリーと黒いちご食べれるといいですね。
[PR]
# by djfax | 2017-04-25 05:18 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

初ソロキャン その3

へべくです。

夜になりました。

静寂の暗黒と向き合います。

a0168988_18492714.jpg


いいも悪いも自分を含め、この日は広大な敷地内に5組くらいしかいなかったのですよ。

その上家族連れは一組も見かけず、ソロかカップルしかいなかったと思われます。

要するに、その場にいる人全員がしんみりとキャンプを楽しみたい人ばかりだったという個人的には大変な好条件だった訳です。

キャンプの楽しみ方って様々だと思うんですけど、大勢の仲間や家族でワイワイやるのも楽しいけど、ソロで楽しんでる人って、別に一緒に行ってくれる人がいないから一人で行くしかない訳ではなくて、あえて孤独を楽しんでる人ばかりだと思うんです。

そんな俺もその世界に触れてみたかった一人です。

実際その何もない感がたまらなく素敵だったりしました。

わだかまりもしがらみもないひたすら不自由で自由な時間。

太陽の角度だけに支配されるっていう感覚も大人になると何かとても貴重な体験な気がするのです。

a0168988_18502617.jpg


今回のベストショットですね。

焚火、ランタン、酒の三大将軍。

自分は常日頃は完全ビール党ですが、こういうキャンプの時はウイスキーをちびちびやるのもいいなと思いました。

ウイスキー自体別に好きでもないんだけど、ただ焚火を眺めながら口にした時、喉を通った後に熱くなるような感覚が気温の下がった夜の静けさに非常に合う気がしたのです。

大事な必需品となりそうです。

そして薪も絶え、キャンプ場の消灯時間(22時)を待たずに早々と眠くなってしまったので素直に眠ることにしました。

しかし案の定夜は落ち着きません。

断続的に続くにわか雨がぶつかりテント内に響くバタバタという音、外の様子がまったく伺えない頼りないナイロンの壁、寝なれない枕とシュラフとエアーベッドの感触、そして念のため持って来ていた毛布が無ければ確実に身体を壊していたであろう気温の低さ。

アウトドアなんてそんなもんなのでしょうが、見事に安眠を遠ざける要素満載でございました。

いつかこんな環境でもぐっすり眠れるようになったら別人のようになっているかもしれないですね。

a0168988_18512263.jpg


翌朝は前日よりも見事なまでの快晴。

写真の解像度が悪く空の色が変ですが、素晴らしいキャンプ日和となりました。

a0168988_18521220.jpg


朝は朝で鳥と犬とヤギの鳴く声で結局終始安眠を妨げられてしまいました。

まぁこれこそがアウトドアの醍醐味なんでしょうけど、見事なまでの騒音でしたね。

a0168988_1853257.jpg


朝食は、迷った末にただただお湯を沸かしてモーニングコーヒーとカッ〇ヌードルを頂きました。

シンプルイズベスト。

ただ、寝不足気味の朝にキングサイズは少々重かったです。

食事後、気力のある内に後片付けに入り早々と撤収。

なぜか出かけた後の帰路で必ずと言っていいほどラーメンが食べたくなるのですが、朝食べた&昼時真っ最中だった為、気付けばそのままどこにも寄らずに帰宅してしまいました。

思い返せば念願のソロキャンだったのでいろんな感想が思い浮かびますが、ここはシンプルにまた行くという決意を表明してこの記事を締めさせて頂こうと思います。

別にめちゃくちゃ楽しくはないです。

ただ節々で色んな幸せをひしひしと感じました。

今後はもっとシンプルさを突き詰めて自分流のスタイルを確立して行けたらと思っています。

ありがとう家族。

おつかれさま自分。

おやすみなさい。
[PR]
# by djfax | 2017-04-19 04:48 | アウトドア | Trackback | Comments(0)

初ソロキャン その2

へべくです。

a0168988_18385236.jpg


某サイトでソロキャンおすすめおつまみとして紹介されていた「焼き鳥の缶詰」をバーナーで温めるだけのものです。

まぁ、結果別に無理して温める必要はないかなと。

もちろん冷たいよりは美味しいと思えるけど、バーナーだから直火なので缶が燃えるし、中身は焦げるしで結果微妙な感じになってしまったので。

a0168988_184141100.jpg


そんな感じでお酒を飲みながらチョロチョロつまんでたら何となくお腹も膨れて来たので、メインは「カレー風味ポトフ風スープ」風なのを作ってみました。

材料は、水、コンソメ、スーパーの野菜コーナーで売ってる袋詰めのカット野菜(キャベツ主体のやつ)、ベーコン、SBのカレー粉です。

カレー粉って入れるだけで味がまとまるから料理として反則な気がするけど、ソロキャンならではのシンプルさも意識したらこんな感じで十分かなと。

主観ですけど、SBのカレー粉って蕎麦屋のカレー南蛮の味がする気がするんですよ。

実際家でカレー南蛮を作ろうとして買ったのですが、多分ほとんどのお蕎麦屋さんで使われてるんでしょうね。

余談ですが、実は本来メインに考えていた「マンガ飯」があったのですが、こんな流れで結局作らずじまいになってしまったので、次回こそはと目論んでおります。

a0168988_18432728.jpg


今回のソロキャンで目的としていたことの一つが「読書」です。

ちょっと前に某テレビ番組の影響で手に入れた「星の王子さま」の文庫。

満点の星空の下でこの本を読んだらさぞかし素敵だろうなと思ってワクテカしてたら見事ににわか雨に降られてしまいました。

つくづく日頃の行いを見直さないといけないなと思いました。

結局今回読んだ本と言えば、テントの中で返却日が近づいていた「キングダム」一冊のみでしたとさ(キングダム最高)。

a0168988_18443090.jpg


今回の一番の目的であった念願の「焚火」様でございます。

他のサイトの方たちがまだ明るいのに早々に始めていたので釣られて点火しちゃいました。

にわか雨も降って来ていたし、はやる気持ちを抑えきれず、今回も出来なかったらと思ったら不安で不安で仕方なかったのでしょう。

先日のファミキャンでは強風の為出来なかったので火が付いた時は感無量でした。

実に神々しい。

ただ火を燃してるだけで、別に暖をとっている訳でもないのに心が躍りました。

火と水って見てて飽きないんですよねぇ。

a0168988_18453792.jpg


要するに、こんなシチュエーションに憧れていた訳です。

この写真を見てるだけでまた行きたくなってきますね。

ただ何が悲しいって、このシチュエーションをいいアングルで撮ろうと腰をかがめてスマホを構えてる自分を客観的に考えた時の滑稽さですかね。

孤独の美学を追求しようとしてソロで来てるのに、ブログ用にアピールしてる時点で訳が分からなくなりますわ。

まぁ、何となくこれを見た方が同じようにソロキャンに興味を持って共感して頂けたらとは思います。

レッツへべく。
[PR]
# by djfax | 2017-04-18 02:57 | アウトドア | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^