マイギター批評 其の六

というわけで、結局買っちゃいましたとさ。

a0168988_3504385.jpg


俺モデル(笑)こと「FENDER MEX BLACKTOP TELECASTER HH」です(龍キャスじゃないよ)。

なんかいつか自分で作りたいと思っていた仕様のテレキャスを本家フェンダーが作っちゃったみたいな感じなので、そりゃ買っちゃいますよ。

なんと思われようが、好きなんだから仕方ない。

さてスペックのお話。

Body:Alder, Polyester
Neck Finish:Maple, “C” Shape, Gloss Urethane
Radius:9.5
Frets:22 Medium Jumbo Frets
Tuners:Standard Cast/Sealed Tuning Machines
Pickups:2 Hot Vintage Alnico Humbucking Pickups
Controls:Master Volume, Master Tone
Switching:3-Position Blade
Pickguard:3-Ply Black
Bridge:Strings-Through-Body Hardtail Bridge With 6 Cast Saddles

俺、別にギターに詳しくないからこのスペックの話まったく意味ないんじゃないかって今更気付いたんだけど、これまた今更だからやります。

まずボディ。

とりあえずびっくりするくらい重いです。

「レスポールくらい重いんじゃないのか!?」ってくらい重いです。

嫁も「重っ!」っていうのが第一声でしたしね。

「龍キャス」の1.5倍はあると思います。

椅子から立って弾こうとすると、まずため息が出ちゃうくらいです。

でもこれほど理想のテレキャスはないので我慢します;;

で、写真では解りませんが、しっかり憧れのバックコンター加工がされております(これがなければ多分買わなかったかもってくらい大きなポイントです)。

次にネック。

見事なかまぼこです。

手の大きさとネックの太さっていうのは比例しないと言いますが、バレーは疲れるけどグリップはやりやすいといった感じですかね(当たり前か)。

よく見るとカスタムらしく22Fですね(F市のTさんの指摘を受け修正しましたw)。

次に肝心の音。

毎度のJC&ガバナー2で鳴らした感じだと、しっかりテレキャスらしく輪郭のある太くて渇いた音かつ、ハムのパワーが共存してる感じでした。

それが良いか悪いかは人の好みでしょうが、やはりへヴィなリフの曲調にはいつものセッティングではハマらなかったです。

でもどこかで聞いたことがあるような高級な音がします。

文句ないです。

次に、スタンダードとは位置が逆転しているスイッチ。

やはりテレキャスタイプなので軽い力で即座に変更というのは難しいですが、ツマミの形状も計算されているのか、フロントにしても親指が入る隙間があるので、個人的にはノーマルよりは使い勝手がいいと思いました。

その分ツマミが小さい為回しにくいのは大いなる犠牲ですかね。

ブリッジも今風の6WAYの為調整はしやすいのですが、問題点がひとつ。

個体差かもしれませんが、イモネジが勝手に飛び出してきてました。。。

部分部分では指で回せるくらいテンションがかかっていなくて、危うく無くしかねないところでしたが、これは外国製とはいえ流石にビビりました;;

では★採点。

音:★★★★★(変わり種とはいえさすがはテレキャス。クリーンの立ち上がりは自分の持ってるギターの中でもトップクラスです。ハムなのでノイズも少ないですし、パワーも申し分ありません。とりあえず普通のテレキャスの音はしません)

 作り:★★★★☆(目立った問題はないです。フレットの加工も丁寧です。龍キャスのように手が削れたりはしませんwただイモネジがまた外れそうにならないか不安なのでマイナス1です)

 弾き易さ:★★★☆☆(とりあえず重いです。家で座って弾く分には何の問題もありませんが、立って弾いてたらきっと肩こりますね。まぁ木が詰まってる証拠ということで自分を納得させています。バックコンター最高;;)

 コストパフォーマンス:★★★★★(実際かなり拘って作られているので、持った瞬間の安っぽさは感じませんし、性能面でもハム仕様のテレキャスを求めている方には十分かと)

 総合:★★★★☆(当然買って後悔はしてません。ただ想像以上に強烈に重かったのでマイナス1。これに関しては完全に個人主観なので人によっては問題にならないかもしれませんが)

というわけで、今後ベイでは「のっぺり(サイクロン)」と、この「かまぼこ(命名ちっちゃん)」を中心に使用していこうと思います。

同じHHだけど、サイクロンの方が少し暴れる感じかなと。

曲によって使い分けるのも面白いと思うけど、持ち運ぶのがめんどいのでその日の気分で変えていきます。

まぁ間違いなく次のライブではお披露目になると思われますので、今後共よろしくお願いします。

余談ですが、見た目と取り回しは8kの龍キャスのほうが良かったんじゃないかと思うから奥が深いですよw

ちなみに龍キャスはトシさんの家に無事嫁いで行きました。
[PR]
トラックバックURL : http://djfax.exblog.jp/tb/12182516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Rumble トシ at 2011-03-03 20:53 x
いやいや、スペック読んでるぞ。
しかもネック・スケールが抜けてるの発見しちゃったぞ。

しかし「重い&かまぼこ」とは何ともテレらしいな。
ヴィンテージのシリーズじゃなくても流石フェンダーって感じ。

クリーン・トーンにしっかり芯のあればドライヴさせてもいけるだろう。
その辺りは「かまぼこ」の恩恵がありそうだな。
歪みの量は状況や好みの問題だけど音作りはしやすいんじゃねえかなあ?

なかなか良さそうなギターだ。
イモネジが飛び出すくらいの荒さも含めて「これぞフェンダー」って感じ。
ジャパフェンならそういうのしっかり配慮されてっけど、なんか優等生すぎて面白くねえんだよな。

あれから龍キャスで遊んでるよ。
少しずつカスタムしようかと思ってる。
次にAckeeが見たら「うちの子がこんな姿に!」ってなるかもよ。
Commented by ゆきゅう at 2011-03-03 23:53 x
うははー!ええのう。ええのう。
おいらも新しいギター欲しいわー。
明確に「こういうの」ってのがあるわけじゃないんだけど・・。なにか欲しいぞ!
Commented by ACKEE at 2011-03-04 01:02 x
トシさん>数えてみたら22Fでしたね。完全に思いこみですw

音に関してはまったく不満はないんですけど、やはりブリッジの作りが気になりますねぇ。

ライブ終わったらなくなってそうで怖いです^^;

ゆきゅう君<俺の中ではゆきゅう君といえば、サンバーストのストラトとエレアコってイメージが完全に定着してますからね^^

むしろその方向で伸ばしてキャラを定着させるのもありかと。

でも別に満足してない訳でもないのに、音楽やってると新しい楽器欲しくなるもんだよね~w
by djfax | 2011-03-03 18:58 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(3)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^