ラストみのる号

という訳で、新しい車が届きました!

a0168988_3174442.jpg


完全に後先考えずにただただ欲しい車を購入してしまったので、ぶっちゃけいつまで手元にあるか解りませんが^^;

さて、先日車検切れを機にお別れした「みのる号」は軽自動車でした。

別に何のストレスもなく日常的に使用していましたが、よくよく考えてみれば今から10年以上も前の車でした。

ちなみにこの「ラストみのる号」は、それこそ最新の技術が搭載された今時の車なわけです。

そもそもナビ(テレビ)の付いた車を持ったのも初めてですし、勝手に前の車に付いて走っていくクルーズなんちゃらという機能が付いてる車を運転するのも勿論初めてな訳です。

前の車から何世代も進化しているので、エンジンをかけた時にいろんな電飾がキラキラしたり、よく解らないボタンがたくさん付いてるので思わず緊張してしまいハンドルを両手で握ってしまいます(笑)。

車を引き取る時に子供が廃車となった「みのる号」を見つけ「こっちがいい」と指を指していた姿を見た時は流石に切なかったですが、モノには寿命というものがありますからね。

生まれた時からずっと毎日のように乗っていた「みのる号」。

そりゃ思い入れも深いだろうから、やっぱり寂しいだろうなと仕方がないとは思いつつ申し訳なくなりましたが、アンパンマンの歌が今までよりも抜群にいい音で車内に流れた瞬間に笑顔が溢れてましたw

蛇足ですが、この「ラストみのる号」はその名の通り先日亡くなった祖父が最期に資金援助をしてくれた車です。

思えば思うほど申し訳ない程に俺の人生のスポンサーだった祖父。

「墓を頼む」というのが遺言らしいので、この「ラストみのる号」でこれからもちゃんとお墓参りに行きます。

そう思えば思うほどじいちゃんを一番初めに乗せてどこかに出掛けたかったな。

本当にありがとう。

大事に乗ります!
[PR]
by djfax | 2016-09-04 03:50 | マイブームシリーズ | Trackback | Comments(0)

家スモークに挑戦!

a0168988_19421877.jpg


これは是非環境が許す方にはお試し頂きたい。

クソ燻いけどクソ旨いです。

そもそもスモーク料理が好きってのが最低条件かもしれないけど、やはりこういった野趣あふれる料理は手作りが一番だと思います(屋内だけど)。

しかも素晴らしいのは、燻製用のチップ以外の調理器具は全て100均で揃うってのがまたお手軽です。

当然屋内専用のスモーク調理器のクオリティに比べたら全然違うのかもしれないけど、工程自体は何も変わらないですからね。

ちなみに、今回使用したグッズは以下の通り↓

・土鍋

・焼き網(売ってたのが2枚入りの四角いタイプだったので、自分で土鍋のサイズに合わせて加工しました)

・アルミホイル(ウッドチップの下に敷くのと、熱を逃がさないために包むために使うので必須です)

・軍手(土鍋がクソ熱くなるので火傷しないように用意したほうがいいと思います)

・ウッドチップ(流石にこれは100均じゃ売ってません)

・食材(今回は王道の6Pチーズ!)

・ガスコンロ(カセットコンロなら当然どこでも出来ます)


以上7点!素晴らしい!

その調理行程もまた簡単。

1、土鍋をコンロに載せてアルミホイルを底に敷き、その上に一握りくらいのウッドチップを広げて中火で熱して燃やす(10分くらい)。

2、火を止め、食材を網に載せて土鍋の上にセットして蓋をし、熱を逃がさないようにアルミホイルで土鍋をくるんで燻す(10分くらい)

3、食す。うまし。

以上。

しかも使い捨てのものなんてのはほとんど無いのもまた素晴らしい。

ただ何よりもその肝である煙の臭いこそが一般家庭では何よりの問題です(丸3日経っても未だにキッチンが燻臭いです)。

屋外で出来る環境があればそれに越したことはないんだけど、うちじゃまず無理だからなぁ。。。

でも、スモークってやっぱ男の浪漫だと思うのですよ。

アルコールを嗜む人間なら尚更なのではないでしょうか?

ほら、「いぶし銀」て言葉があるじゃないですか。

意味はよく解んないですけど(キリッ

ちゃんとした燻製器を買えば確実に煙臭くなくなるのだとしたら間違いなく買うんだけど、こればっかりはやってみないと解らないですもんね^^;

またほとぼりが冷めたら挑戦してみます!
[PR]
by djfax | 2015-08-08 22:59 | マイブームシリーズ | Trackback | Comments(2)

早速

シーバスロッド買いました。

これで好きなだけ海にリール投げ放題です(根掛かりするまでですが)。

そりゃもちろん入門セットに決まってます。

覚悟はしてるものの一切釣れなかったら身にもならないですからね。

と、そんなことを考えてたらギターのことを思ってしまいました。

ギターを始めるにあたって最初の鬼門となるのは、バレーコードではなく入門セットだという事実を。

始めたはいいけどすぐに飽きてしまったらお金の無駄だと思い、アンプやらストラップやら何から何までついたお得な入門セットを買ったものの、そのまま気付けばオブジェになり、そしてやがて粗大ゴミになってしまう末路を。。。

そんな入門セットから始めたにも関わらず、今でもギターを奏で続けるゆきゅう君を心から尊敬しています。

さて、入門ギターセットが安い理由。

それは「粗悪」以外の何物でもありません。

材料はもちろん、作りから仕上げまで何から何までです。

だから最初こそケチらずにいいものを買ったほうがいいというのが楽器選びの鉄則というのを解ってるつもりが、違う畑ではしっかりケチって入門セットを買ってしまうこの浅はかさ。

いや、むしろ俺はそんな入門セットの中に輝く原石を求め続けているのかもしれない。

「どんなギターを使っても俺は同じ音が出せる」ってポリシーを持たれてる俺の尊敬する人がいるのですが、確かにその人はどんなギターでも変わらぬプレイを披露されます。

そりゃ100万円のギターと1万円のギターで同じことをやれば厳格に言えば全然「音」は違うと思います。

でも、その人が言う「音」というのは「個性」のこと以外の何物でもありません。

ようするに道具は使う人間によっていかようにも性能は変わるというのです。

もちろん安かろうが高かろうがその道具に対する気持ちが高い人でしか実践出来ないと思います。

ということで、俺は粗悪な入門セットだからこそどんでん返しで見事な釣果を上げたいのです。

ただ、「安物買いの銭失い」ということわざがどうしても頭を離れません。。。

あと、スズキって食べられないどころか高級魚なんですってね。

無知ってほんと怖いですね;;
[PR]
by djfax | 2015-06-29 23:42 | マイブームシリーズ | Trackback | Comments(2)

a0168988_19291837.jpg


俺って意外とアクティブでしょ?w

まぁさすがに仕込みだけど、「浅草」に行ってきました。

本当は前々から「としまえん」に行こうと計画を立ててたんだけど、スケジュール的なコンディションがいまいちだったもんで急遽「花やしき」に行き先を変更。

その足で月島でもんじゃでも食べて帰ろうじゃないか!と思ったら月島って結構離れてるんですね^^;

まぁそこは下町繋がりで浅草にも有名なもんじゃ焼き屋さんはあるということで、そこで焼きそば食べたら結構おいしいんちゃう?ということで、食べてみました。

おいしかったです!

「明太もちチーズもんじゃ」!!

もんじゃはどう撮影してもおいしそうに撮れないので載せないけど、どこのお店も明太もちチーズもんじゃが人気みたいですね。

普通のシンプルなやつも食べてみたかったんだけど、せっかくならやっぱ人気ナンバーワンということで。

ただ、老舗の人気店で「もんじゃの王道」のキャッチコピーは流石に違和感があったけど^^;

a0168988_20195619.jpg


残念なレベルで写真下手だからかっこよく撮れてないけど、この銭湯の風情が半端なかった。

失礼だけど一瞬廃墟かと思いました^^;

いつかのんびり人目も気にせず昼間酒でもやりながらぶらりしてみたい町に認定させて頂きました(憧れの新宿ゴールデン街に次ぐ)。

ありがとう浅草。

ありがとう「花やしき」。

失礼だけど思ってたより元気で嬉しかった。

現在0勝1敗です。。。
[PR]
by djfax | 2014-11-13 20:31 | マイブームシリーズ | Trackback | Comments(0)

焼きそば探訪?

特別おいしい「焼きそば」を食べたという思い出がないです。

おいしい「ラーメン」はいろいろ記憶にあるけど焼きそばはいまいち印象が薄い。

別に嫌いな訳じゃないんです。

焼きそばパンはよく食べます。腹にたまるから。

インスタントのやつもたまに食べます。UFOが個人的には一番好きかな。

奥さんがたまに作ってくれるオム焼きそばも好きです(マルちゃんベース)。

でも、外ではほとんど食べたことがないんです。

中華料理店とかに行っても単純にラーメンとかチャーハンの方が好きだからあまり食べたことがないだけかもしれない。

いや、むしろ焼きそばを中華料理店で食べてる人をあまり見たことない気もするけど・・・。

なんとなく町興しB級グルメのイメージが強くなってるってのもあるんだろうけど、そもそも軽食のポジションで高級志向のものではないのかもしれない。

いや、しかし中華街の高級店にだってメニューとして存在するんだから、今まで興味を示さずにいた人生を後悔するくらいおいしいものが存在するのかもしれない!

というわけで、おいしい焼きそばを食べてみたいです。

個人的には焼きそばってアウトドアのイメージがあるんですよね。

それはBBQとか夏祭りとかで安定して活躍の場がある気がするから。

先日行われたBBBQ(ベイサイズバーベキュー)でも当たり前のように作ってた気がします。

悪ノリで俺がさも当然かのように悪ノリでビールをかけた気がします。

この所業はまさに自分の焼きそばの隠し味は「ビール」というイメージを具現化しただけであって悪気はまったくないんだけど(俺の親父のせいです)、そもそもおいしくなる根拠もなければおいしくなったという実感もないんです。

多分少しくらいは料理酒的な効果はあるんだろうけど、そういうラフでジャンクなイメージも不買に一役買っているのかもしれないです。

「わざわざ高いお金を出して食べるほどのものではないのではないか?」というイメージ。

でも、最近の俺の愛読書「野武士のグルメ」を読んでいて思ったんです。

ラーメンはなんだかんだで汁ものだからビールには合わないけど、焼きそばって合う気がする!と。

夜勤帰りだと家族は当然寝静まっているのでひとりゆっくりまさにこういった感じでのんびり酒を煽りながら過ごしてるんだけど、何を食べようか毎度迷うんですよね。

「食べて帰ろうか?それともマクバかトライアルでつまみでも買って帰ろうか?」という葛藤と戦ってるんだけど、結局ケチってしょぼい晩酌になってしまうのが常です。。。

この記事を書いている今まさに食べながら書きたかったんだけど、別に焼きそばならなんでもいい訳じゃない。

俺は「おいしい焼きそば」を食べてみたいんです。

という訳で、不定期連載で麻婆豆腐(いつのまにか終わったけど)に次ぐマイブーム企画としてたまにやろうと思いますのでお付き合いください。

夜食テロしたいなぁ(笑)。
[PR]
by djfax | 2014-11-12 04:35 | マイブームシリーズ | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^