カテゴリ:食関係( 21 )

a0168988_05324407.jpg

個人的に一番好きなビールはサッポロの黒ラベルです。

そんな黒ラベルの黒ビールです。

ずいぶん前に飲んだきりだし、最近お店でも見ないからもう無くなっちゃったのかな?

美味しかったけど、そもそもビールなんて高級なもんはおいそれと飲めませんので記念にパチリ。

[PR]
by djfax | 2017-12-02 05:36 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

開封済みだけど、

a0168988_05115084.jpg

これマジでうまいです。

ピーナッツとのり塩のポテチが好きな方は是非お試しあれ。

[PR]
by djfax | 2017-12-02 05:12 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

びっくり

a0168988_03240709.jpg

びっくりした日に、びっくりドンキーで、びっくりサイズのハンバーグを食べて、お腹がびっくりしました。

亡くなった祖母が言っておりました。

「人間食べれなくなったら終わりだ」と。

食欲は健康のバロメータなのです(*食べすぎ注意)。

[PR]
by djfax | 2017-10-19 03:27 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

番外編

a0168988_05020357.jpg
青森で買ってきたカップ麺です。

写真左のは青森でも実際に食べた「津軽煮干しラーメン」。

右のは存在は知ってはいたけどそんなに興味のなかった「味噌カレーミルクラーメン」。

ちなみに気になるお味はといいますと、煮干しラーメンの方は予想以上に魚粉感が少なくあっさりしてました。

実際お店で食べたのもそんなに魚粉魚粉はしてなかったんだけど、こっちはもう少しクセが凄くてもいいかなと思いました。

カレーミルクの方は、個人的にはミルクというよりはバターの風味が強く感じられました。

むしろインパクトは減るかもしれませんが、バターとカレーの組み合わせは普通にありますので、そう思えばネーミングへの抵抗は減るかもしれませんね(本物のミルク感は分からないけど)。

ただ、一番気になったのがパッケージ下部に表記されてるお店の名前のほとんどに「札幌」って書かれてるんですよね。

・・・青森でいいんですよね?

今度また青森に行ったら本物を食べてみたいなと思います。

あ、どっちも普通に美味しかったです。

[PR]
by djfax | 2017-10-12 05:27 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

ガリトマト

a0168988_03090449.jpg

ねぇ奥さん、ガリとトマトって合うんですって。

そんな苦虫を噛み潰したような顔なさらないで一度お試しになってみてね。


〇そんな気になる材料(一人前)↓

・ガリ(好きなだけ)

・トマト(1個)

・大葉(2枚くらい)

・オリーブオイル(適量)

・塩・胡椒(お好み)

〇そして作り方

・トマトを湯剥きして食べやすい大きさに切り皿に盛る。

・ガリをトマトの上に満遍なく乗せる。

・大葉を千切りしてその上に満遍なく散らす。

・オリーブオイルをもこ〇ちのように好きなだけかける。

・お好みで塩と胡椒で味を調整しながら喰らう。

・おいしい。


生姜が苦手な妻でも食べれた奇跡の組み合わせです。

ただ、トマトの美味しさで大分味が変わってしまうので、出来るだけ甘いトマトを使用して頂きたいと思います(2度目に作った時はトマトが甘くなく、妻が悲しい顔をしていました)。

是非お試しください^^

[PR]
by djfax | 2017-09-25 03:25 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

ちょい足し

ちょい足しが好きです。

卵かけご飯とかチキンラーメンとかで色々試してみたくなります。

個人的に卵かけご飯のお気に入りだとやっぱ「味の素」かなぁ。

まぁちょい足しとかのレベルじゃないかもしれないけど、あるのと無いのとじゃ旨味が全然違いますからね。

とりあえず卵かけご飯食べようとして味の素切らしてたら気が狂いそうになりますね。

昭和の人間は味の素で育ってますから。

後はごま油とかもいいですよね~。

チキンラーメンはまだ色々模索中だけど、やっぱ「キムチ」がシンプルに合いますね。

ただ我が人生一番の衝撃ちょい足しはカップヌードル(醤油)に「ラー油」を入れることです。

小学生だか中学生だかの頃に現在もカップ麺を日々探求し続けるゆきゅう君が当時教えてくれたんですよね。

30年くらい経った今でも普通にやりますからね。

ちょい足しブームの今では最早常識なのかもしれないけど、未体験の方は是非お試し下さい。

[PR]
by djfax | 2017-09-14 03:08 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

これは「ライト」

a0168988_18285253.jpg


深夜3時に松戸の有名店「雷〇店」へ。

2度目の来訪となりましたが、いやぁパンチありますね。

あまりにもパンチがありすぎたのか、次の日胃と腸に響いてしまいました。

どんな激辛ラーメンを食べてもへっちゃらなんですけどね。

一緒に行った人は「ライト」ではなく「濃厚」を食べたのにへっちゃらだったそうです。

老いですかね。

体調がいい時にまた食べに行こうと思います。
[PR]
by djfax | 2017-08-29 18:33 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

BLTサンド

やたら夜中にハンバーガーが食べたくなりまして。

でも、深夜に食べるのも何だし何気に高いし何故か負けた気がするしで、それなら自分でそれっぽいのを作ってしまえと思い完成したのが↓のBLTサンドです。

a0168988_6474655.jpg


ハンバーガーでもなければパティもない、むしろ見たまんまサンドウィッチですが充分欲求は満たされましたね。

なんとなくなのですが、夜にパンを食べるって文化は日本にはあまり無いのではないかと思います。

そういう気持ちからなのか、なんというか後ろめたさや、物足りなさのような背徳感を感じつつもおいしく頂きました。

材料挟むだけだから失敗のしようもないんだけど、結局バリューセット食べれるくらいの材料費になっちゃいましたけどね。
[PR]
by djfax | 2017-05-25 06:50 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

もつ煮

a0168988_5573377.jpg


この世で美味しいものマイランキングベスト10にランクインする「もつ煮」を作ってみました(相変わらず写真はまずそうですけど)。

白とか赤とか焦げ茶とかそんな色合いが足りないと感じた方が多数いらっしゃるかと思われますが、シンプルなやつも充分美味しいのです。

本当はむしろモツだけのやつを作ろうと思ったのですが、最近セブ〇イレブンのお弁当で、もつ煮と白米だけのやつが売っててそれが大変おいしゅう御座いまして。

それにこんにゃくが入ってるものですから、今回はその影響で入れてみました。

ちょっと入れすぎてしまった感も否めませんが、食感アップということで結果オーライ。

美味しさを感じる要素で一番大事なのって、味や、風味ではなく食感なんだそうです。

と、自分を無理やり納得させてみましたとさ。


使用した材料↓

・豚モツ(ボイル)×食べたいだけ

・こんにゃく×好きなだけ(入れすぎると見た目が微妙です)

・味噌×多め

・酒×適量

・みりん×適量

・ほんだし×適量

・にんにく×お好み

・しょうが×お好み

・長ネギ(薬味。青い部分は下茹でにつかいましょう)×お好み


別に難しいことなしにぶち込んでとりあえず煮とけばそれなりに出来てしまうところもまた魅力ですよね。

あえて言うなら、モツの下茹はやはり重要なので、臭みを取るためにネギの青い部分、しょうが、酒等を入れた水が2~3回沸騰するまで茹でるが吉(茹で汁が白く濁るまで煮る)。

後は、味噌の配分といかに長い時間煮込むかだけですね。

出汁入りの味噌ならむしろ調味料なんて他にいらないかもしれないくらいなので、調味料を用意するのも実にお手軽。

こうなったらみんなで食べるっきゃない!
[PR]
by djfax | 2017-05-22 05:55 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

ケイジャンチキン

a0168988_17282623.jpg


意気込んで買ったのはいいけど、なかなか使う機会のない「ケイジャンスパイス」。

ちなみにケイジャン料理とは、アメリカ南部の郷土料理のひとつで、代表的なのは「ジャンバラヤ」や「ガンボ」でしょうか。

なので、何となく思い立ってケイジャンスパイスを使った簡単に作れそうなレシピを検索して作ってみたのが、こちらの「ケイジャンチキン」↑

バケットの断面がかじったみたいで見た目が良くありませんが、ちぎっただけなのでお気にせずです。

食べ物の写真を載せる時はもう少し気を遣わないとですね。

ちなみに、レシピは以下のリンクより↓

https://cookpad.com/recipe/2830800

ちなみにこのレシピ。

「アメリカ大使館」発信なので、昔ながらというかオリジナルに近いものなのかもしれないですね。

それ故なのか、味付けに直結する調味料がケイジャンスパイスのみというシンプルレシピですが、作り方も実に簡単。

鶏肉以外の材料をすべて混ぜたものに鶏肉を30分くらい漬け、後は焼くだけ。

ただ、個人的な感想としては、スパイスの量をケチったからなのか、思ってた以上に薄味でした。

レシピだとケイジャンスパイスの量が一瓶以上だったので、それは流石に気が引けてしまいケチったからかもしれません。

簡単なので今度ソロキャンの時にでもまた作ってみようと思います。

スパイシーな料理が好きな方はぜひお試しください。

ちなみに蛇足ですが、ケイジャンスパイスは手に付くと臭いが付きます!

しかも少しヒリヒリするので、お肌の弱い方は気を付けてください^^;
[PR]
by djfax | 2017-05-19 17:55 | 食関係 | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31