カテゴリ:おでかけ( 68 )

青森に行って来ました。

思い出から語るよりも、写真を観ながら思い出して書きます。

a0168988_05290769.jpg

出発して深夜(早朝?)蓮田SA(下り)で食べた「わかめうどん」に「ちくわ天」トッピング。

そば派ですが、やはりうどんもいいですね。

a0168988_05345871.jpg

昼食に長者原SA(下り)で食べた「仙台味噌ラーメン」。

普通にスープの素の味がしましたが普通に美味しかったです。

a0168988_05382743.jpg

そして青森で食べた「津軽煮干しラーメン」。

今回の旅で絶対にこれだけは食べて帰ると決めていました。

味は想像してたライン上ではあったけど、普通に美味しいお店で妻も満足気でした。

ラーメンばっか食べてるけど、デフォですので。

a0168988_05420780.jpg

大きなかぼちゃ(オレンジ色のやつ)をくり抜いて作ったハロウィンランプです。

見ての通りモチーフは最近息子がハマってる「ドラ〇もん」。

勢いでやった割には意外に上手くいったのではないかと。

息子はそんなに感動してませんでしたが。。。

a0168988_05471165.jpg

リンゴ狩りをしました。

初めてやりましたが、リンゴに限らず収穫体験は元々大好きなので最高に楽しかったです。

ちなみに「ふじ」という品種だそうです。

シャキシャキで甘酸っぱくて超美味しいヤーツです。

a0168988_05502038.jpg

後日ブドウ狩りもしました。

知りませんでしたが、スチューベンという品種は青森が収穫量ナンバーワンだそうです。

超美味しいヤーツです。

a0168988_05574970.jpg

築地市場直送の新鮮な「オホーツク海鮮丼」です。

「青森」で「築地」で「オホーツク」というよくわかんないことになってるけど、ようするに観光客向けではなかったということですかね。

いや、普通に美味しかったですけどね。


a0168988_04462500.jpg

帰りの国見SA(上り)で食べた「辛味噌牛タンラーメン」です。

牛タンって本当に美味しいですね。

ひたすら牛タンだけ食べまくる牛タンパーティーがしたいです。

いつか仙台に行って心ゆくまで堪能してみたいです(お金ないけど)。



そんな久々の青森旅行でした。

他にも色々食べましたが、いい写真が無いので割愛。

青森大好きです。

雪が多くなければ永住したいくらいです。

なので、現実的に厳しいからやっぱり横浜に引っ越せるようにがんばります。

[PR]
by djfax | 2017-10-09 04:49 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

夏も終わりですね

a0168988_18474422.jpg


地元のお祭りに行って来ました。

しっかりエンジョイ2DAYS。

なんでそんなに張り切ったかというと、実は仕事の都合でスケジュールが合わず、実に2年ぶりに行けたのです。

そんな感じなので妻も財布のひもを緩めて楽しませてくれました。

a0168988_17324320.jpg


なぜか写真が反転してしまったけど見事なまでの茶色ですね。

ものの見事に的屋価格にて搾取されてしまいましたが、そんなものは予定調和。

たまには素直に騙されるのも悪くないかもね(遠い目)。

a0168988_19141867.jpg


二日間楽しませてもらった金魚すくい屋さん。

金魚すくいなんて上手く出来るわけないんです。

出来るように出来てないんだから。

なので、最初から残念賞の全プレのクオリティアップ狙いです。

何となく高橋名人に似た店主を気持ち良くさせる私の巧みな営業トークで一日目は「出目金」、二日目は「錦鯉」をゲットしました。

ちなみに、初日にもらった出目金は片目が無く、一日で逝去されました。

二日目の錦鯉も2匹中1匹は確実に病気持ちでした。

試合に勝って勝負に負けた感じです。

相手もやはり筋金入りのプロでした。

騙されっぱなしの2日間でしたとさ。

お祭りっていくつになってもいいものですね^^
[PR]
by djfax | 2017-08-29 19:28 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

東京日和(ワラ

先日、妻と二人で東京ぶらり散歩して来ました。

昨年、ソロで「両国→月島→築地」という下町グルメ探訪(おまけで帝都物語聖地巡礼)をしたのですが、その際に訪れたちゃんこ屋さんと「江戸東京博物館」が非常にいい思い出になっていた為、妻を連れて再訪して来ました。

a0168988_2281295.jpg


電車に揺られること約1時間。

「両国」到着。

最近は電車に乗る機会も多くなり免疫が付いたのか、1時間くらいならへっちゃらになりました。

四十にもなるのに何のアピールだか解りませんが、時刻は正午に差し掛かろうとしており、何はなくともまずは腹ごしらえということでちゃんこ屋さんに突撃。

a0168988_21232687.jpg


今回は「塩海鮮ちゃんこ」にしました。

この内容でやはり1000円しないのは本当に素晴らしい(しかもご飯お代わり自由。しなかったけど)。

a0168988_21261262.jpg


そしてまたもや「どんぶりビール」。

電車旅の醍醐味はやはり道中で酒を呑めるとこですな~。

そうでもしなかったら電車なんて乗りませんけど。

やはり鍋は美味い。

鍋にあまり興味のない妻は案の定物足りなさそうにしてましたが。

無事腹ごしらえも済み、ちゃんこ屋を後にしていざ本日のメインイベント「江戸東京博物館」見物へ向かうことに。

途中ベビーパウダーのいい匂いのするお相撲さん達とすれ違い、何となく色んな妄想をしつつ歩きながらなんやかんやで無事到着。

a0168988_21401283.jpg










休館日でした!









俺、再訪とはいえ普通に楽しみにしてたので愕然。

妻、そもそもそんなに行きたくもなかった上に無駄な徒労に愕然。

しかし、我々は「ザ・お上りさん」なのでこのままおめおめと都落ちする訳には行きません。

ということで、急遽妻の思い付きで「上野」に向かうことに。

ただ急遽とはいいつつも、実はそもそもこの日はソロで上野にある「下町風俗資料館」という所を見物しつつ、上野名物の昼飲み千ベロでもと目論んでいたのですが、妻と一緒に行くならちゃんこ鍋の方がいいかなと思って直前で行先を両国に変更したのでした。



という訳で、山手線を乗り継ぎ「上野」に到着。

早速目的地の「下町風俗博物館」をグー〇ルマップにて検索してみると・・・









休館日でした!!









上野に来る前に調べておけよと思われるかもしれませんが、確かにその通り。

俺のように勉強をせずにノリだけで世の中を渡ろうとする人間はこういった壁に何度もぶち当たるものなのです。

妻はここまで来たら何でもいいから見物して帰らないと気が済まなくなり、またもや急遽リサーチした結果、CMを観たことがある「ブリューゲル バベルの塔展」発見。

この流れで来たら、当然その会場の「東京都美術館」も・・・









休館日でした!!!









月曜日は博物館は総じて休館日みたいですね。

勉強になりました。

そんな平日休み人間あるあるでした。

という訳で、もう何でもいいのでとりあえずツメ跡を残すべくアメ横散歩へ。

a0168988_2261854.jpg


そのまま妻をうまいことそそのかし、当初の目的であった昼飲み千ベロのメッカ「大〇領」へ。

a0168988_22151243.jpg


↑名物「馬モツ煮込み(420円)」です。

a0168988_22141462.jpg


↑これまた名物「モツ焼盛り合わせ(5本で450円)」。


ちなみに、こういうお店は無用な長居はしないというのが暗黙のルールだそうで、結局注文したのは上記の2品と妻のコーラと俺のビール大瓶だけで総額1700円でした。

もちろんベロベロにはなりませんでしたが、2人で1700円なので、千ベロ達成ではあったかなと(笑)。

ただとにかく衝撃だったのは、平日の真昼間から店内満席で常に待ち客が絶えないという現実でした。

今のご時世色んな生活パターンがあると思われますが、昼間から酒を飲んだくれるなんてのは、普通の一般常識からすればアブノーマルかつアウトローな所業だと思うのですよ(棚上げ)。

それが、この界隈ではそんじょそこらのゴールデンタイムの居酒屋なんかよりも全然盛り上がっており、普通に文化として根付いているという。

とても醜く美しい光景でした。

また機会があったら訪れたいです。

a0168988_22171563.jpg


上野の老舗有名パン屋さん「ペリカン」のパンです。

知る人ぞ知る有名店だそうで。

偶然帰り際に上野駅で出張販売してるのを見かけ、勢いで行列に並んで購入してみました。

クソうまかったです。
[PR]
by djfax | 2017-06-23 02:08 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

潮干狩り

に行って来ました。

a0168988_3125236.jpg


既にあさりが加工済みの写真となってしまっておりますが、平日にも関わらず運動会の振り替え休日だったこともあってか大変賑わっておりました。

「花見」、「いちご狩り」に続く昨年から新たな春の恒例行事となった「潮干狩り」。

右腕が死ぬほど疲れますが、やはり宝探し感覚なので楽しいです。

子供も楽しんでやっておりますが、やはり子供。

すぐに飽きてしまいます。

それよりも妻は先に飽きてしまいます。

飽きっぽいの代名詞と言える俺が一番飽きないというミラクルレクリエーションです。

個人的にはやはり楽しかったのでまた来年も行くと思います。

多分・・・。
[PR]
by djfax | 2017-05-31 03:22 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

かなり前ですけど、

我が終の棲家予定地「横浜」に行って来ました。

今回は「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」の10周年イベントが始まったのでそれを主の目的としつつ、その前にどさくさに紛れて中華街でわがままランチするプランでした。

a0168988_23154963.jpg


という訳で、ぐ〇なびで前日にリサーチしておき、そこそこ有名であろう某中華料理店に到着。

どうやらぐる〇びの効果は抜群で、人気店なのは間違いなかったらしく、お昼時には店内は見事満席になり、外には順番待ちが出来るくらいでした。

そんな状況を待ち時間ゼロでスムーズに入店出来た優越感に浸りながら、満を持してオーダー開始。

朝ご飯も一切食べず胃袋は準備万端。

メニューをめくれば、あれもこれもどれもこれもやたらと美味そう。

とりあえず食べてみたいものを片っ端から頼みまくり身も心もホクホク。

だって食べ放題ですもの。

好きなものを時間無制限で好きなだけ食べられるのですよ。

楽しくない訳ないじゃありませんか。

そして、ほどなくして手始めに自分がオーダーした「四川風麻婆豆腐」と「ハチノスのピり辛炒め」が着丼。

我が家では辛いものは自分しか食べないので早速独り占め。

ちょっと油っこいけどうまし。

結果ペロリといっちゃう。

手持ち無沙汰で次の料理が届くのを待っていると、妙に心とは裏腹に胃袋が満たされる感覚に襲われた気がしたのです。

そして、その時は突然訪れました。

完全にお腹いっぱいになってしまったのです。

なぜ?

まだ小皿2品だすよ。

ここは食べ放題だすよ。

別に体調も悪くありませんでした。

ていうか、考えられる理由としては「油っこい」&「なんだかんだで一食目」というくらいでしょうか。

年齢も年齢なので当然潰しはききませんが、こんな条件は今まで何度もありました。

ただどうしてもお腹がいっぱい。

現実は免れない。

以前違うお店で欲をかいて退店した直後に大リバースを繰り広げたトラウマもあり、どうしても箸が進まない。

結局元が取れたとは決して言えないくらいの量しか食べることが出来ませんでした。

子供は飽きるわ、妻には食べたくもないものばかりを食べさせるわで遺恨しか残りませんでした。

ただただ無念としか言いようがありません。

いつかまた同じ店でリベンジしようと思います。

a0168988_304075.jpg


おめでとうアンパンマンミュージアム!
[PR]
by djfax | 2017-05-10 03:03 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

前回の記事がいつだったのか最早忘れちゃったけど、ずいぶん前に奥様から「よく解んないけど終わってなくね?」というツッコミをだいぶ前に頂いたものの、書き途中で放置していて最早そのことすら忘れてたので見直しも不十分に公開します。

誤字脱字気にせずに気が向いたらご覧ください。


・・・


もんじゃの聖地「月島」を後にし、最終目的地である今やタイムリーに渦中の「築地」へ。

結局なんで「築地」に来たかというと、一番の目的は「築地市場」。

今回の一人旅の目的の当初から根本でぶれなかったテーマは「海鮮」と「レトロ」でした。

普通にそう考えれば、漁師町とかに行ってのんびり過ごすというので事足りたのかもしれないんだけど、よくよく思い出してみれば前回の「勝浦」がまさにそんな感じでした。

しかし、旅の3分の1くらいをテレビを見て過ごすという逆に情緒不安定になるくらいのグダグダっぷりで、それはそれで思い返せば良い思い出なのですが、丁度この企画を企てていた時が「帝都物語」マイブームでして。

「戦争(ウォーズ)編」に出てくる浄土真宗の僧侶「大谷光瑞」という実在の人物がおりまして。

その作中ではSF小説らしくフィクションで「加持祈祷」を駆使し、第二次世界大戦当時の米ソの指導者を呪い殺し戦争を終結させようとする「帝都霊的防衛」の中核を担うのですが、その物語の舞台の一つとして描かれるのが「築地本願寺」なのです。

その様相は例えるなら「アンコール・ワット」や「タージ・マハル」のような幻想的で異国情緒溢れる何とも異様な佇まいの「築地本願寺」。

本当にこんな建物が現代東京の仏教の寺院として現実的に存在するなんてにわかに信じられず、一度この目で実際に見てみたいと思い立ったのが今回の旅の決定打でした。

クソどうでもいいですね。


・・・


さて、ゲリラ豪雨は運よく免れたものの、途中そこそこの雨に襲われ途中にあったコンビニに立ちよりビニ傘を購入。

なんかそれだけのことなのに、行き当たりばったりで旅してる感じがワクワクしたり。

陽も暮れ始めた頃、事前に予約していたホテルに到着。

a0168988_20175570.jpg


カプセルホテル形式のいわゆる「簡易宿舎」なのですが、ロールカーテンが扉代わりで、天井が高い造りになっておりました(実際に自分がベッドの上に立っても天井に頭が付きませんでした)。

a0168988_2019202.jpg


a0168988_20202322.jpg


実はカプセルホテルにはちょっとした憧れがあったのですが、泊まるのは今回が初めてでした(正確にはカプセルホテルとは違うんですけどね)。

しかも今回の旅で知ったのですが、「簡易宿舎」登録の宿は部屋に鍵がかけられないそうです。

これが小心者の俺からしたらストレス以外の何物でもありませんでした^^;

防犯面で言ったらほぼ皆無だし、何より扉代わりのロールカーテンの開閉音のうるさいことうるさいこと。。。

ただ、人間てのはやっぱり凄いですね。

そんな環境ですら気付けばちゃんと慣れてしまっているのですから(笑)。

到着した時間も早かったから大浴場には誰もいなくリラックス出来ました。

慣れない移動手段で疲れたのか部屋に戻るなりいつの間にか寝てしまっていました。

目が覚めたのは丁度21時くらいだったと思います。

a0168988_2021595.jpg


ロールカーテンのストレスを軽減するために、我が絶対神「御酒様」の御力をお借りするためにホテルに隣接する大衆チェーン居酒屋店「笑〇」へ。

本日4杯目(ホテルについて缶ビールを飲んだので)のビールは「ご当地瓶ビール」。

同じフロアにいたすげー酔っ払いの存在感が凄かったけど、それも大衆居酒屋の魅力なのかなと思いつつ満喫。

a0168988_20234199.jpg


冷凍食品なのは解ってるんだけど、やはり無難においしいですよね。

ただどうしても腑に落ちないのは、今回の旅で一番出費したのがこのチェーン居酒屋という現実。。。


・・・


さて、慣れない環境でぐっすりとはいかず、何度か目は覚めたものの翌朝を迎えます。

「築地」の素晴らしいところは、通常じゃありえないような早朝から機能しているところです。

朝早く目が覚めてしまい「まだ6時かぁ・・・」と思いつつも、ほとんどのお店が始まっています。

あの夢の「寝起き海鮮丼」という痛風まっしぐらな華麗なる荒技も可能な訳です(俺的にはね)。

a0168988_2025215.jpg


a0168988_20263825.jpg


あいにくのお天気であんちくしょうでしたが、幻想的なこの佇まいは一見の価値ありだと思います。

いつか盆踊り来てみたいです。

a0168988_20275074.jpg


海鮮ど~ん!

そんなに思ってたほど高くはなかったけど、そんなに美味しくもなかったです。

なぜ築地に海鮮丼屋が多いのかというと、特別な調理法が必要ないからだそうです。

ネタを市場で買ってくる。

ネタを切る(下手したら業者に既に切ってもらってる?)。

ネタを器に盛る。

客に出す。

という行程しか必要ないから出店と維持が容易だからというのです。

確かにそう言われてみれば見事なまでに地の利にかなったファストフードな訳です。

ちょっと海鮮丼愛が冷めそうになりましたw

a0168988_20292748.jpg


おまけ的なこれまた築地名物の玉子焼き。

この卵焼きは本当においしかった。

味といい食感といい本気で美味しかった。

次行った時は3本くらいまとめ買いして足りなかったら追加しようと思うくらいまた食べたいです。


・・・


そんな感じの築地でございました。

一人旅なんてそうそう出来るもんじゃないから毎回テーマを持たせてるけど、この旅は楽しかったけどその分お金のかかる企画だったので、今後はもう少し節約しても楽しめる旅をちょいちょい展開していきたいと思います。

両国、月島、築地。

全てもう一度訪れたいです。

両国のちゃんこなんて毎週一度は行きたくなりますしね(笑)。

東京。

愛してます!
[PR]
by djfax | 2017-05-06 05:51 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

中山競馬場

に行って来ました。

a0168988_2223716.jpg


天皇賞(春)に合わせて子供向けのイベントをやってるとのことで行ってみたのですが、想像以上に凄い人でした。

写真でもお分かりの通り、それでも本来人で溢れかえるであろうレース場とかパドックにはほとんど人がいなかったので、中山開催の時はこんなレベルじゃないんだろうなと(花火大会以外来たこと無いので^^;)。

どさくさに紛れて馬券も買ってちょっとだけ勝てたので、疲れたけどそれだけで結果オーライの一日でした。

次はちゃんとレースがある時に行こうと思います^^
[PR]
by djfax | 2017-04-30 23:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

お花見

今更ですが、写真が眠っていたので記録用にUPしときます。

a0168988_255477.jpg


年寄りが健在だった頃は実家から少し離れた花見スポットの川まで車で行ってたものですが、ここ数年は歩いて近所の公園に行ってます。

しかし、タイミングが合わずに毎年夜桜ばかりです。

むしろ近所にそういう場所がある時点で幸せだと思うのですが、欲をいえば昼間の明るい桜も見たいなと。

出店に頼らず酒もツマミも家から持ってきているので、言ってしまえば夜にやってるピクニックみたいなものですが。

イチゴ狩り同様、こういう春のお決まりイベントは忙しくても絶やしてはいけないと思う今日この頃でした。
[PR]
by djfax | 2017-04-28 03:05 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ベリハン

恒例のいちご狩りに行ってきました。

a0168988_585651.jpg


もうかれこれ何年続けているのかも解らなくなってしまいましたが、ここ数年は同じハウスに通いっきりです。

栽培している種類が多く、何の不快感もないので毎年お世話になっております。

なので、定期的に子供の成長をひしひしと感じられるイベントでもあります。

一番最初に行った時は、まだ言葉も喋れずに抱えられたまま2~3粒あてがわれるだけでしたが、今では自分で捥いでヘタ取って25個も食べやがります。

最早普通の人間です。

ただ今回ひとつ残念だったのは、時間無制限&高床ハウスで快適だったものの種類が少なく、嫁が楽しみにしていた「チーバベリー」と「黒いちご」が食べれなかったということ。

それでもいざ食べてみれば例年通り度肝を抜かれるくらい食べまくってましたけどね。

2人とも幸せそうで何よりでした。

来年こそはチーバベリーと黒いちご食べれるといいですね。
[PR]
by djfax | 2017-04-25 05:18 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ガチで住みたい 2

若干のモヤモヤを残したディナーの後は毎度毎度の「横浜ベイホテル東急」へ。

a0168988_230324.jpg


横浜に泊りがけで遊びに行くときはいつもこのホテルにお世話になってます。

むしろここしか泊ったことがありません。

本当は他にも色んなとこに泊まってみたい気持ちもあるのですが、何の問題もないので結局毎年ここにお世話になっております。

観光も楽しいけど、何だかんだでこのホテルでお酒飲みながらまったりしてる時間が個人的には一番横浜を満喫している時間かもなとか思います。

前回来たときは目の前の遊園地が休演日&工事中だったので夜景も物悲しかったのですが、今回は観覧車のイルミネーションもパワーアップしてて更に素晴らしい夜景スポットに発展してました。

ネオンとかイルミとかほんと素敵。

夜優勝です。




翌日はこれまた毎年恒例の「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」へ。

もう何度来たか解りませんが、うちの子供は未だにアンパンマンが好きなので大変お世話になっております。

まぁぶっちゃけそろそろいいんじゃないかなと思う微妙な親心^^;

a0168988_2484872.jpg


写真は「うどんちゃんのやたい」で食べたわかめうどんです。

正直おいしいです。

子供騙しかと思いきやお出汁が絶品です。



今回の旅はタイムテーブルをきっちり組んでほぼスケジュール通りに行動したのでぶっちゃけ疲れたけどその分内容は充実したと思います。

例えるならバスツアーに参加したような感じですかね。

その反面余裕がなさ過ぎて気持ちのゆとりがありませんでした。

なので、嫁の提案で急遽アドリブで中華街に寄って帰ることに。

中華街がガチで好きなのは正直俺だけなのですが、結果家族三人それぞれが今回の旅行で行きたいところに行けたことになりました。

ありがとう嫁!

a0168988_253637.jpg


写真は最近流行りらしい「王府井(ワンフーチン)」の「正宗生煎包(マサムネサンチェンパオ)」です。

所謂「焼き小籠包」ってやつだそうで。

焼いてる側が下になってるので分かりにくいかもしれませんが、皮の表面を焼いてあるのでなんかボソボソしてました。

見た目は饅頭のようですが、あくまで小籠包なので中身の肉汁的な汁は噛めば溢れ出るくらい凄かったです。

でも個人的に小籠包はやっぱ普通の蒸してるやつでいいかな的なニュアンスをかもし出してみたりなんかしちゃったり。

他にも「江戸清」の「豚まん」も食べたんだけど写真撮り忘れました。

名前が物語っているように日本の会社なのでついつい心を許していつも買ってしまいます。



良き旅でした。

横浜。

住みたいです。

おしまい。
[PR]
by djfax | 2017-02-19 02:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31