マイギター批評 其の六

というわけで、結局買っちゃいましたとさ。

a0168988_3504385.jpg


俺モデル(笑)こと「FENDER MEX BLACKTOP TELECASTER HH」です(龍キャスじゃないよ)。

なんかいつか自分で作りたいと思っていた仕様のテレキャスを本家フェンダーが作っちゃったみたいな感じなので、そりゃ買っちゃいますよ。

なんと思われようが、好きなんだから仕方ない。

さてスペックのお話。

Body:Alder, Polyester
Neck Finish:Maple, “C” Shape, Gloss Urethane
Radius:9.5
Frets:22 Medium Jumbo Frets
Tuners:Standard Cast/Sealed Tuning Machines
Pickups:2 Hot Vintage Alnico Humbucking Pickups
Controls:Master Volume, Master Tone
Switching:3-Position Blade
Pickguard:3-Ply Black
Bridge:Strings-Through-Body Hardtail Bridge With 6 Cast Saddles

俺、別にギターに詳しくないからこのスペックの話まったく意味ないんじゃないかって今更気付いたんだけど、これまた今更だからやります。

まずボディ。

とりあえずびっくりするくらい重いです。

「レスポールくらい重いんじゃないのか!?」ってくらい重いです。

嫁も「重っ!」っていうのが第一声でしたしね。

「龍キャス」の1.5倍はあると思います。

椅子から立って弾こうとすると、まずため息が出ちゃうくらいです。

でもこれほど理想のテレキャスはないので我慢します;;

で、写真では解りませんが、しっかり憧れのバックコンター加工がされております(これがなければ多分買わなかったかもってくらい大きなポイントです)。

次にネック。

見事なかまぼこです。

手の大きさとネックの太さっていうのは比例しないと言いますが、バレーは疲れるけどグリップはやりやすいといった感じですかね(当たり前か)。

よく見るとカスタムらしく22Fですね(F市のTさんの指摘を受け修正しましたw)。

次に肝心の音。

毎度のJC&ガバナー2で鳴らした感じだと、しっかりテレキャスらしく輪郭のある太くて渇いた音かつ、ハムのパワーが共存してる感じでした。

それが良いか悪いかは人の好みでしょうが、やはりへヴィなリフの曲調にはいつものセッティングではハマらなかったです。

でもどこかで聞いたことがあるような高級な音がします。

文句ないです。

次に、スタンダードとは位置が逆転しているスイッチ。

やはりテレキャスタイプなので軽い力で即座に変更というのは難しいですが、ツマミの形状も計算されているのか、フロントにしても親指が入る隙間があるので、個人的にはノーマルよりは使い勝手がいいと思いました。

その分ツマミが小さい為回しにくいのは大いなる犠牲ですかね。

ブリッジも今風の6WAYの為調整はしやすいのですが、問題点がひとつ。

個体差かもしれませんが、イモネジが勝手に飛び出してきてました。。。

部分部分では指で回せるくらいテンションがかかっていなくて、危うく無くしかねないところでしたが、これは外国製とはいえ流石にビビりました;;

では★採点。

音:★★★★★(変わり種とはいえさすがはテレキャス。クリーンの立ち上がりは自分の持ってるギターの中でもトップクラスです。ハムなのでノイズも少ないですし、パワーも申し分ありません。とりあえず普通のテレキャスの音はしません)

 作り:★★★★☆(目立った問題はないです。フレットの加工も丁寧です。龍キャスのように手が削れたりはしませんwただイモネジがまた外れそうにならないか不安なのでマイナス1です)

 弾き易さ:★★★☆☆(とりあえず重いです。家で座って弾く分には何の問題もありませんが、立って弾いてたらきっと肩こりますね。まぁ木が詰まってる証拠ということで自分を納得させています。バックコンター最高;;)

 コストパフォーマンス:★★★★★(実際かなり拘って作られているので、持った瞬間の安っぽさは感じませんし、性能面でもハム仕様のテレキャスを求めている方には十分かと)

 総合:★★★★☆(当然買って後悔はしてません。ただ想像以上に強烈に重かったのでマイナス1。これに関しては完全に個人主観なので人によっては問題にならないかもしれませんが)

というわけで、今後ベイでは「のっぺり(サイクロン)」と、この「かまぼこ(命名ちっちゃん)」を中心に使用していこうと思います。

同じHHだけど、サイクロンの方が少し暴れる感じかなと。

曲によって使い分けるのも面白いと思うけど、持ち運ぶのがめんどいのでその日の気分で変えていきます。

まぁ間違いなく次のライブではお披露目になると思われますので、今後共よろしくお願いします。

余談ですが、見た目と取り回しは8kの龍キャスのほうが良かったんじゃないかと思うから奥が深いですよw

ちなみに龍キャスはトシさんの家に無事嫁いで行きました。
[PR]
by djfax | 2011-03-03 18:58 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(3)

マイギター批評 其の五

ひさしぶりのこの企画。

今回は前回のベイのライブで登場したギターです。

a0168988_3324057.jpg


「JACKSON JS32T Rhoads」です。

ヘビメタ好きならご存じのこの攻撃的なフォルム。

そう、まさに今は亡き名ギタリスト「ランディ・ローズ」モデルの廉価版(JSシリーズ)で、通称「トンガリ」です(命名はもちろんちっちゃん)。

本家ジャクソン製ということもあり、ヘビメタを愛するあまりに衝動買いしてしまいました(むしろヘビメタ嫌いで持ってる人は皆無でしょうが)。

ちなみに「メイドインインド」ですw

それではスペックのご紹介。

Body: Indian Cedro
Neck: Maple
Fretboard: Rosewood, 12-16” Compound Radius 24Jumbo
Scale Length: 25.50” (648 mm)
Bridge: JT390 Adjustable Bridge with Strings-Through-Body
Pickup: Jackson CVR2 Humbucking
Controls/Master Volume, Master Tone, 3Way SW

だそうです。

ボディ材はよく解んないけど、名前からしてインドの木なんでしょうね(調べたんだけどよく解んなかったです)。

とりあえず思っていたよりも軽かったです。

前から言ってますが、俺にとって軽さっていうのは何よりの武器なのです。

正直素人だから音がどうこうよりも、ステージ上での取り回し重視なもので。

ただこのギターに関しては、ボディが長いので勢い余ってどこかにぶつける、もしくは下手したら誰かに刺さる恐れもあるのであまり振り回すことは出来ませんが^^;

ネックはやはり高速フィンガリングを重視した設計なのか、薄いです。

しかも廉価版なのでスルーネックではなく、デタッチャブルです。

この時点でもはやジャクソンのギターではないとも言えるのですがね(グローヴァー・ジャクソンさんはスルーネックに拘りをもってるらしいので)。。。

さて、次にピックアップ。

もちろん(?)ツーハム仕様ですが、当然廉価版なのでディマジオ等の有名ピックアップではなく自社ロゴの入ったオリジナル品のようです。

クリーンがクランチになるありがた迷惑なハイパワー仕様です^^;

ブリッジは、ご覧の通り裏通しとなっており、ノーアーム仕様です。

実はこれとは別のグレード(モデル?)で、フロイドローズのモデルもあるのですが、ナットがロック式でめんどくさいし、それでもやっぱりチューニングは狂いやすい上に、そもそもアーム使わないじゃんということでこっちにしました。

一見安っぽい(?)んだけど、スコット・イアンのギターもこのタイプなのでおkです。

という訳で恒例の★採点です。

 音:★★★☆☆(値段相応でしょう。クリーンが歪むほどのハイゲインは別に求めてませんし)

 作り:★★★★★(これは特に問題ないと思われます。コピーモデルではなく、廉価版といえど一応オリジナルなのでアラは感じないです)

 弾き易さ:★★★★☆(薄いネックの形状やボディの軽さもあり、想像以上に弾き易かったです。安いくせにコンパウンドラディアスなのも企業努力でしょう。サテンフィニッシュも個人的に大好きなので、特に言うことはないのですが、当然座ってはまともに弾けないのでその分のマイナス1です;;)

 コストパフォーマンス:★★★★☆(憧れ(?)のランディVが30k以下で、更に本家ジャクソンのモデルともなればコレクターアイテムとしても十分な価値があると思います。まぁさすがに高級感は一切ないですけどね)

 総合:★★★★☆(良いと思います。やっぱり誰が見てもインパクトがあるし、何より見事なコストパファーマンスによるお買い得感が素晴らしい。

とりあえずこのギターはヘビメタをやる為に買ったので、もうベイのライブでは登場しないと思います(多分)。

でも時間がなくてヘビメタ企画も本当に実現できるか解らないので、今後はDJFAXとしてのトレードマークとして活用していこうかと思っております。

俺の中では、ある意味「ストラト」くらい完成されたフォルムだと思っています。かっこいい^^
[PR]
by djfax | 2011-02-25 03:18 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(4)

マイギター批評 其之四

今回は先日のライブで初お披露目した秘密兵器をご紹介w

買った日から言いたくて仕方なかったネタギターですw
[PR]
by djfax | 2010-10-11 00:04 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(3)

マイギター批評 其之三

今回は我がメインギターのご紹介。

More
[PR]
by djfax | 2010-09-11 18:39 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(4)

マイギター批評 其之二

さて、早くもノーリアクションの大好評企画第二弾ですw

今回は最も謎なマイギターをご紹介します。

情報求む
[PR]
by djfax | 2010-09-03 22:11 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(4)

マイギター批評 其之一

新企画です。

俺が実際に所持しているギターの私的レビューのコーナーです(不定期連載)。

責任は一切負いかねますw
[PR]
by djfax | 2010-09-03 02:01 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(4)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^