<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

行く年

あっという間に今日で今年も終わり。

明日からは2011年ですよ。

マヤ暦の人類滅亡まで後1年ですねw

まぁそんなことはどうにもならないのでいいのですが、今年はみなさんにとってどんな年でしたか?

俺は、いろいろあって一年が非常に短かく感じました。

ほんと気付いたら今日ですもん。

人生なんて結局ケセラセラだなと悟った一年でした。

でも今思えば辛い事よりも楽しい事のほうが多かったと思うな。

いろんな悩みもあったし苦労もあったけど、きっと俺の遺伝子が幸せを求めた結果だったと思います。

お陰様で先立つものは見事に減りましたけどねw

というわけで、来年の目標は「貯蓄」にします。

そういえば、カナイトの今年の目標は貯金だったのを今思い出したんだけど結局どうなったのかね。

どうでもいいやw

というわけで、来年もよろしくお願いします^^

ほなちょっくら行ってきますよ。
[PR]
by djfax | 2010-12-31 20:46 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(0)

ひさびさ

昨日はベイの忘年会でした。

「練習もしないで飲み会かい!」と思われた方。

まさしくその通りです。

9日のライブまで結局俺が参加出来るのは来週の1日だけになりそうですしね。。。

それでも忘年会は一年に一度しか出来ないからやりたかったのです。

というわけで、今度のライブはベイの真価が問われますな!

明らかに練習不足なので、是非ドキドキしながら観て下さいw


話は変わりますが、「シューゲイザー」って知ってますか?

きっと音楽好きで、なおかつ今時の音楽にまで興味がないと聞き馴染みのないジャンルなのではないかと思いますが、今日お店でCDを眺めてたら「神聖かまってちゃん」というバンドのメジャーデビューアルバムを発見(発見しただけで買ってないけど)。

俺は古い人間だから知らなかったんだけど、見事に時代を反映したようなバンドですね。

詳しい事は言葉にするのが難しいし、単純にめんどくさいので書きませんが、音楽業界もまだまだ捨てたもんじゃないなと思いました。

モロにアングラ色丸出しですからね。

カラオケで100%歌えませんし。

一応比較的まともな曲だと思ったのを貼っときます↓



まぁ凄いとしか言いようがありまへん。

嫌いじゃないですけどね^^
[PR]
by djfax | 2010-12-24 03:17 | バンド関係 | Trackback | Comments(2)

SAW

「思い立ったが吉日?」というわけで、シリーズ通して観てます。

今丁度「4」を観はじめました。

1や2は、ラストに「そうだったのか!」的なオチがあったんだけど、3はただのスプラッター映画でした;;

でもここまで観たら最後まで付き合ってやるぜとばかりに観続けています。

妙に猟奇的な気持ちになるので、とりあえず仕事の前に観るのは良くないと思いました。。。

この「SAW」シリーズは完全にストーリーが繋がっているので、気まぐれに途中から観ないことをお勧めします。

俺はジグソウのようになりたい(猟奇的な意味じゃないよ)。
[PR]
by djfax | 2010-12-21 04:05 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(2)

何気に

車好きです。

今でこそ現実的に軽のワゴンなんて乗ってますが、昔はスピード志向だったものです。

初めて買った車はRX-7(FC)だったし、次に買ったのは軽だけど2シーターのカプチーノでした。

その次は当時いろいろあったもんで、人が乗れる車ということで普通の乗用車にしようと思ったんだけど、やっぱりスピードは捨てられないということでレガシーを買いました。

今でもハチロクを見ると「こんなにシンプルイズベストな美しい車はない」と見惚れるし、未だにFCはかっこよすぎて「いつかまたセカンドカーに!」と願っております(絶対無理だけど)。

リトラクタブルなのも好きなのかもしれないなぁ。

あれ上げると「やるぞ」って気になりましたもんね(何を?)。

自分的には、頭文字Dの影響じゃないと思っていますけど何か?w

結局何が言いたいかというと、要するに「ジェームズ・ヘットフィールド」と一緒で、とにかくスピードが好きなんだと言うこと・・・っていうのは後付けで、単純に朝ハチロクを見かけたからなんですけど。

話は全然違いますが「7」繋がりで、映画の「セブン」みたいな「どんでん返し」の映画が見たいと思い、いろいろと物色。

とりあえず何本か借りてきたんだけど、その中の「メメント」という映画を手始めに観てみました。

面白かったけど、どんでん返しが強烈というよりは、パズル的な感じだったかな。

一緒に借りた「ザ・ウォーカー」っていう映画の方がオチという点ではあった気がしました(なるほどってレベルだけど)。

これはなんとなく気になって借りてみただけだったんだけど、世界観が「FALL OUT」的で想像以上に面白かったです。

サスペンスの名作といわれる「ユージュアル・サスぺクツ」のどんでん返しにすら気付かなかった俺には、派手なアクションとかがあるバイオレンス的な映画の方が合ってるのかもな。

「SAW」と「CUBE」でも最初から全部観てみるかな・・・。

なんか今更感があるんだよなぁw
[PR]
by djfax | 2010-12-15 03:14 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(3)

お蕎麦をおいしく食した後、次に何をしようかと考えを巡らせるも、特に行きたい場所もやりたいことも思い付かず(あくまでこの何もない感がウリの温泉地です)、とりあえず車の中でぼーっとしてみる。

案の定暇を持て余してしまうと、俺にとって「ひとり旅」ってのは退屈なんだなぁと改めて痛感する。

日頃一人でも平気とか思ってるけど、結局は一人じゃないから強がってるだけなのかもしれないな。

相変わらず車外では晴れているのにも関わらず雪がちらついているし、そんな寒さが余計孤独を強調させたのかもしれません(俺何気に偽善エコ野郎だからアイドリングしないんですよ)。

しかもこんな看板をあちこちで見かけるもんだから余計心細くなるし。。。

a0168988_18323793.jpg


結局、暇と寒さと恐怖に耐えかねて旅館にチェックインの時間を早めてもらうように泣きの電話を入れる;;

何もしないっていうのは本当に時間の無駄なんだなと思いました。

ちなみにこの看板があった近くにあった国定遺産らしき建築物↓

a0168988_4401695.jpg





その後、どうにかチェックインの時間までを無駄に過ごし、早々に宿へ駆け込む。

今回は一人旅のシチュエーションを強調する為に、あえて大きなホテルではなく旅館をチョイスしてみた。

若旦那が歓迎してくれた後、そのお母さんであろう女将さんが部屋に案内してくれた。

お茶を入れてくれるも、結局口も付けずに速攻でビールで自分をねぎらいましたがね(ただのアル中状態)。

まぁぶっちゃけ俺はこういうことがしたいが為に温泉旅行をするようなものなのでw

お決まりの施設説明に耳を傾けるも、妙に「ゴーッ」という音が響いてることに気付く。

エアコンの音かな?と思ったら、「部屋の真下が滝になっているのですが、音は大丈夫でしょうか?」と言われたので、それは珍しいと思いむしろ歓迎の意を表する。

a0168988_18475788.jpg


ひとり旅を断る旅館ってのは少なくないものです。

理由は単純に「間違いがあると困る」からでしょう。

俺はもちろんそんな心境で来たわけじゃないけど、そういう人にしたらこの部屋のシチュエーションはどう感じるんだろうとか、旅館の人はどういう思惑で俺をこの部屋に通したのだろうとかいろんなことを考える。

窺う性格ってのもあるんだろうけど、一人だと当然ながら環境の変化全てが閉鎖的な主観で終わるのを客観的に感じた。

話が逸れたけど、自然の音って大きくてもあまり気にならないものなんですね。

本当にエアコンの音だったらクレームだったかもしれんけど・・・。

やっぱストレスっていうのは人間が自分で作り出してるだけなんだなと思いました。



お風呂はもちろん源泉かけ流し。

しかもこの旅館のある地区は四万温泉発祥の地だそうで、お湯もその源泉からひっぱってるらしいのです。

「歴史いただきます」とか名言を思いながら感慨深く浴槽に浸かってみると・・・お湯も本気で俺を迎え入れてくれた。

俺をここまで本気にさせたのは、昔イイダン達と行った湯田中温泉、嫁に連れて行ってもらった青森のかけ流しの銭湯以来だ。

さすがは四万の病を治すと言われる四万の湯。

・・・熱かったです;;




料理は量も多からず少なからずの適量で非常においしかった。

蕎麦といい旅館の料理といい、四万は美食の温泉地です^^

ただエアコンの風が固形燃料に当たっていたらしく、せっかくの釜めしが炊きあがらなかったのが心残りでしたが、終始舌鼓しまくりでした。

おいしい料理を口にするといつも嫁のことを思います。

タバコをやめてから俺の味覚も見事に変わったらしく、今でこそ甘いものも平気で食べれるようになってきたのですが、以前はほとんど毛嫌いして受付けませんでした。

嫁はそれを承知の上で、毎度のように俺に一緒に食べようと勧めてきました。

それに対して俺は「タバコ吸ってるからいらない」と当たり前のように毎回拒否し、嫁は毎度毎度同じようにもの凄く残念そうな顔をしていたものです。

ぶっちゃけ断られるのを解っているのにも関わらず、それでも俺にいつも食べさせようとしていたのは、単純に「おいしい」を一緒に共有したいからだと言っていました。

今は少しずつそれを分かち合えるようになったから、これもタバコをやめて良かったと思えるひとつなのかもしれないな、とかそんなことを思いながらご飯を食べてたら、一人旅もたまには新鮮でいいけど、やっぱり旅は道連れかなと結論。

おいしいものを食べたり綺麗な景色を見た時に嫁と共感しあったり、仲間といい歳こいてバカやりながら時間を忘れたりするのは、本当に人生の宝物なんだなと。

まぁたまにはこういう気持ちを再確認する為にひとりの時間も大事だとも思いました。

当たり前ってどんなに大きな偶然でも忘れるものですからね。

「自分探しの旅」とはよく言ったものかもしれません。

まぁ世の中何事もバランスですな~。

ブログ用にと携帯でもチョロチョロ撮ってはみたけど、やっぱロクな写真なかったな。。。

これから年末に向けてどんどん忙しくなるけど、その前にこういう貴重な体験が出来て良かったと思います^^
[PR]
by djfax | 2010-12-13 03:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

先日思い付きで一人旅をしてきました。

前から一度やってみたかったんですよ。どんなもんなのか。

というわけで、急遽強行作戦で群馬県は四万温泉に1泊2日で行って参りました。

ギターもゲームも持たずに、ちっちゃんから借りたキャメラだけを携えての旅。

直前にめんどくさくなって行かなくならないようにちゃんと宿は事前に予約しておきました。

ちなみに四万温泉という場所は、コンビニもないひなびた感じが売り(?)の温泉地とのことで、自分と向き合う一人旅にはもってこいのシチュエーションなのではないかと期待しながら当日を迎えます。

出発前日は遅番だったので、帰宅したのが深夜1時半頃。

嫁が事前に準備をしておいてくれたので、とりあえず仮眠をとった後、予定通り朝5時頃に家を出発。

しかし天気はあいにくの雨。。。

まぁこればっかりは時の運だから仕方ないと諦めつつ、アンスラックスと放課後ティータイムをBGMに関越自動車道を疾走。

ひとりで高速を走るのが久しぶりだったもんだから、とりあえず車内での会話がないことに違和感を覚え、風景に向かってツッコミを入れたりして暇を持て余す(危ない)。

大きめのSAに寄ったりしてご飯を食べたりしつつ、なんとか無事四万温泉郷に到着。

チェックインの時間まではまだ何時間もあるので、とりあえず定番の観光スポットらしい「四万川ダム」へ行ってみる。

a0168988_17182971.jpg


まぁダムでしたね。

そりゃダムだからダム以外の何物でもないのですが、四万温泉ではここがむしろ一番の目玉スポットくらいのレベルなのです。

天気によっては水面がコバルトブルーに見えたりするらしいのですが、雨はあがったものの案の定曇りで、何気に雪がちらついてるような寒空だったので、こんな残念な色でしたとさ;;

しかも俺高所恐怖症だから5分もいれませんでしたよね。

今回はなにしろノープランのひとり旅だから、どうせすることなくなってチェックインまで時間を潰すのが大変だろうなとは思ってたけど、いきなりメインが5分で終わるとは思わなかったな。。。

次に向かったのは、「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルのひとつと言われる「積善館」という老舗の旅館。

別に泊る訳ではないんだけど、記念に写真だけでもと思い入口付近でパチリ(携帯で撮るの忘れたけど)。

無事撮影終了。

所要時間は・・・まぁ2分くらいかなw

その近隣のレトロな街並みは見事に俺の心を打ったのですが、住民の姿すらあまり見ない想像以上の「ひなびっぷり」に困惑^^;

a0168988_17524954.jpg


お次は、写真の右手にある「スマートボール」と書いてあるお店「柳屋」さんへ。

ここも四万温泉では有名な観光スポットらしいのですが、店に入ってみると男性のご老人がひとり。

「こんにちは」と声をかけるも、無言のまま早々に奥に引っ込んでしまい、ひとり取り残されてまたもや困惑^^;;

しかし、ほどなくして代わりに奥から「大山〇ぶ代」的な雰囲気の女将が「いらっしゃい」と出迎えてくれて一安心。

何しろ初めてやるもんだからどうしたもんかと思っていたら、「この台は氷川きよしさんが座った台で、こっちは宮崎駿監督が座った台」と紹介してくれた。

それなら宮崎駿だろうと思いその台を選ぶ。

何しろ客は俺しかいなかったので、ガイドブックに「運が良ければお茶やらかりんとうやらを出してくれるやも?」的に書かれていたサービスも過剰なくらいに受けることが出来ました^^;

女将は一時期千葉に住んでいたことがあるらしく、地元が同じということもあり、マンツーマンでそりゃもういろんな話をしてくれました。

四万温泉のことやら、女将の家族や昔の話、内部事情等てんこもりでしたw

ちなみに「スマートボール」というのは、簡単にいえばピンボールみたいなものなのですが、今では作っている会社もなく、部品もない為非常に貴重なものらしいのです。

気さくな女将の人柄に触れ「きっとこの人は相手が俺みたいな一般人だろうが、ロケに来た有名人だろうが、きっと同じように接するんだろうな」とか思いながらなんだかんだで1時間ほど遊んでお暇することに。

帰り際に「お身体に気を付けていつまでもお元気で」と正直な気持ちを伝えると、「氷川きよしさんも同じことを言ってくれたのよ」と言ってました。

やるな氷川きよしw

ちょうど時間もお昼時になりお腹も空いてきたので、女将に紹介してもらったお蕎麦屋さんへ。

これがやたらうまかった。

とにかくコシが半端なかったです。

以前、善光寺や戸隠で食べたお蕎麦もおいしかったけど、ぶっちゃけ今回のほうがおいしかったかもしれません。

「んまんま」と声に出しながら食べましたw

へべく
[PR]
by djfax | 2010-12-13 03:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

日々メタル

まずはじめに「アンスラックスがかっこよすぎる件」について。

努力の甲斐あってオリジナルアルバムを全て入手しました。

アメリカやらオーストラリアから取り寄せたりしちゃうほどの気合の入れっぷりでした。

そういえば全然違う話ですが、「日々ロック」っていう漫画が面白かったです。

そして、次に「韓流やりすぎじゃね?」の件。

仕事に行く前にやってて、帰ってきてテレビを付けたらまたやってる。

もう韓国のテレビ局かと。

新しいドラマを作って放送するよりも経費削減できたりするのかもしれないけど、さすがに鼻につくわ。

そしてそして、さりげなく来年の1月9日の日曜日に毎度の場所で毎度のライブが決定。

今回は「スリーサイズ」プロデュースでっせ^^

詳細はまた後ほど~。
[PR]
by djfax | 2010-12-07 02:48 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(3)

CT

先日からケーブルテレビが観れるようになりました。

なんでも大家さんが負担するサービスの一環なので無料だそうです。

これで憧れの「ディスカバリー・チャンネル」や「旅チャンネル」が観れるようになりました^^

ただ「ゲームセンターCX」のチャンネルは別料金だそうです;;

でもなぜか今は観れてます。勧誘の一環かな?

まぁそもそもテレビっ子じゃないからそんなに執着するものではないんだけど、BGM代わりに流しておくにはちょうどいいですかね。

CDだと大音量で流したくなるから深夜だとヘッドフォンになっちゃうし。

何しろ地上波と違って時間帯によって尻すぼみにならないしね!

世の中の中心が全日制ばかりだと思うなよ;;
[PR]
by djfax | 2010-12-03 04:52 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(2)

いよいよ

12月でございますね。

とりあえず今月もプライベートは充実出来なさそうです;;

ベイもうまく1日くらいは参加出来ればいいなってレベルです。

仕事あってのプライベートだから何よりも仕事は優先してるし、今更つぶしがきかない自分の状況も解ってるんだけど、さすがに働くだけの人生はやっぱり面白くないしストレスでしかないですね。

いよいよ俺も隠居かなw

実際笑い事じゃないですがね;;

生きるって難しい。。。
[PR]
by djfax | 2010-12-01 02:28 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(6)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^