おひさしぶりですが、

個人的にも特にいい話題なんてないですね。

東京電力はついにプルトニウム流出を認めたとか。

言葉にはしないだけで完全に「メルトダウン」を認めたということですね。

原発のシステムもプルトニウムの性質も詳しく知らなかったけど、メルトダウンがヤバいってことだけはガキの頃から知ってました。

まぁ知ったところで我々一般人にはどうしようも出来ないんだけどさ。

急に非常事態宣言を出されてどこか遠くへ逃げて下さいって言われたって、海外のどこにもあてはないし、移住できるほどのお金もないしさ。

「なんとかなる」というよりは、完全に「なるようにしかならない」って感じですね。

まぁ俺はポジティブというよりはネガティブ志向の人間だからこういう感じなのかもしれないけど、運よく被災地からそれなりに距離のある場所に住んでいる俺の日常はまだ日常です。

普通に仕事に行って、普通にご飯を食べて、停電でもなければ普通にテレビを見たり本を読んだり。

バンドもあまり活動出来てないから楽器にはほとんど触ってないけど、常にライブやらなんやらのことは考えています。

来月からはもう少し個々のスキルを上げる為の活動もしていこうと思っております。

そういえばもう4月なんですね。
[PR]
by djfax | 2011-03-29 14:17 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(0)

無題

余計な口が過ぎる俺だから、そりゃ思うことも言いたいことも山ほどあるけど、もはや言葉は意味をなしませんね。

この状況では、どんな言葉も自分にとっての慰めか脅迫にしかならない・・・という結論に至ったので、とりあえず普通の話をします。

先日ベイの練習をしてきました。

メンバーそれぞれ思うことはあっただろうけど、無事全員集まったということは、我々は本物ってことでしょうw

それでもやはり今後を意識しまくった結果、とりあえずレパートリーを全曲録音してみるという内容になったんだけど、実に楽しかったです。

なんとなくだけど、先日ほどベイサイズありがとうと思った日はなかったかもなw

演奏中はいろんなことを忘れられましたね。

最近のベイの曲の歌詞って見事に今みたいな状況に陥る前に気付こうぜ!的な内容ばかりだったんだけど、なんかそれ故に残念ながら過去形な気がしました。

俺的には、80年代のポップスを聞いてるような感覚に近いものがありましたね。

本来は今回のような天災というよりは人災の方を意識してたんだけど、残念ながらそれに近い状況にも陥ってしまいましたしね。。。

だから俺の役目は終わりました。

何の役目も果たさなかっただろうけど、なんとなく自己完結してしまいました。

という訳で、これからはどうでもいいようなラブソングでも能天気に書いていこうと思います。

そんなこんなで今回の一連の出来事が奇しくも原点回帰のきっかけとなりました。

いつしか歌詞の世界観を引き立たせるつもりでハードロックの魂を封印していましたが、次回のライブからはまた初期の頃のようなアグレッシブな曲もどんどんやっていこうと思っております。

当然こんな状態だからいつになるかは解んないけど、出来る限り早い実現を目指してがんばっていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします!

やっぱり最後に一言だけ。

福島第一原発で活動されている皆様。

本当にありがとうございます。
[PR]
by djfax | 2011-03-20 01:15 | バンド関係 | Trackback | Comments(2)

なんだかんだで

2曲作ってみました。

なぜか一曲だけしか用意できないのが悔しいという変な見栄があるので、大体いつも何曲か用意するんですよ。

まぁ大体ボツにしますけど。。。

歌詞も先述の通り「大いなる感謝」を表現しようと思っていたんですけど、気付いたら最近の身の回りの出来事や感じたことになってしまいました。

「ラストラヴ」という曲から続く他人の実話ネタシリーズですなw

でも今回はかなり尾ヒレをつけて脚色しました。

なので、いろんな話を混ぜてるから支離滅裂かもしれないけど、まぁ人生いろいろあるってことですな。

俺の周りって本当にネタだらけ。

曲が10分あったって足らないぜw

というわけで、表現も今まで以上にストレートにしようと思ったら、見事に

J-POPになりましたw

本当にヘビメタ好きなんかい?って思われるほど節操のない行動かもしれないけど、ベイはこれでいいんだと思います。

むしろこれしか出来ないですしね。

ボツになんなきゃいいなぁw
[PR]
by djfax | 2011-03-11 02:01 | バンド関係 | Trackback | Comments(2)

久しぶりに新曲を作ったりしてます。

これが見事に進みまへんw

スランプとかじゃないんだけど、単純に頭が固くなって遅筆になっただけかな。

いい歌とは何か?

かっこいい曲とは何か?

心に響く歌詞とは何か?

とかいろいろ難しく考えた結果のツケですかな。

でもそんなの考えただけで作れたら誰も苦労しないよね。

という訳で、結局「自分らしい」曲にしようと思っております。

でもそれをメンバーにやらせるのってエゴじゃね?とか思ったりしちゃうから大人にはなりたくないですな;;

それでも、なんとなく思い付いたフレーズを形にしてみて、それを聞いたイイダンがいいと言ってくれるだけでいいかなとか思っちゃったりするのです。

前に飲んだ時に、カナイトが「言葉にすると安くなるからあまり言わないですけど、俺は〇〇さん(俺の本名)の曲すげぇなと思いますよ」と言ってくれたのも泣きそうになったしねw

大きな夢もなくやってるけど、普通に考えて身近な人に気に入ってもらわなければ、見ず知らずの人に楽しんでもらえる訳ないよね。

なんせ俺音楽やめたら嫁に離婚されちゃうのでがんばりますよw

俺のせいで活動のペースは狂ったし、その分時間を有効に使おうと色々メスを入れたりしてメンバーを振り回してるけど、それでも付いてきてくれてる仲間を持って幸せなんです。

全て失って気付く大切さじゃないです。

今既にその重さに気付いてる宝物です。

そんな重みを曲に乗せられたら、くさいけどかっこいいのかもね。

言い過ぎたなw

とりあえず次のライブには発表できるように自分を追い込んでみる。
[PR]
by djfax | 2011-03-04 02:26 | バンド関係 | Trackback | Comments(5)

マイギター批評 其の六

というわけで、結局買っちゃいましたとさ。

a0168988_3504385.jpg


俺モデル(笑)こと「FENDER MEX BLACKTOP TELECASTER HH」です(龍キャスじゃないよ)。

なんかいつか自分で作りたいと思っていた仕様のテレキャスを本家フェンダーが作っちゃったみたいな感じなので、そりゃ買っちゃいますよ。

なんと思われようが、好きなんだから仕方ない。

さてスペックのお話。

Body:Alder, Polyester
Neck Finish:Maple, “C” Shape, Gloss Urethane
Radius:9.5
Frets:22 Medium Jumbo Frets
Tuners:Standard Cast/Sealed Tuning Machines
Pickups:2 Hot Vintage Alnico Humbucking Pickups
Controls:Master Volume, Master Tone
Switching:3-Position Blade
Pickguard:3-Ply Black
Bridge:Strings-Through-Body Hardtail Bridge With 6 Cast Saddles

俺、別にギターに詳しくないからこのスペックの話まったく意味ないんじゃないかって今更気付いたんだけど、これまた今更だからやります。

まずボディ。

とりあえずびっくりするくらい重いです。

「レスポールくらい重いんじゃないのか!?」ってくらい重いです。

嫁も「重っ!」っていうのが第一声でしたしね。

「龍キャス」の1.5倍はあると思います。

椅子から立って弾こうとすると、まずため息が出ちゃうくらいです。

でもこれほど理想のテレキャスはないので我慢します;;

で、写真では解りませんが、しっかり憧れのバックコンター加工がされております(これがなければ多分買わなかったかもってくらい大きなポイントです)。

次にネック。

見事なかまぼこです。

手の大きさとネックの太さっていうのは比例しないと言いますが、バレーは疲れるけどグリップはやりやすいといった感じですかね(当たり前か)。

よく見るとカスタムらしく22Fですね(F市のTさんの指摘を受け修正しましたw)。

次に肝心の音。

毎度のJC&ガバナー2で鳴らした感じだと、しっかりテレキャスらしく輪郭のある太くて渇いた音かつ、ハムのパワーが共存してる感じでした。

それが良いか悪いかは人の好みでしょうが、やはりへヴィなリフの曲調にはいつものセッティングではハマらなかったです。

でもどこかで聞いたことがあるような高級な音がします。

文句ないです。

次に、スタンダードとは位置が逆転しているスイッチ。

やはりテレキャスタイプなので軽い力で即座に変更というのは難しいですが、ツマミの形状も計算されているのか、フロントにしても親指が入る隙間があるので、個人的にはノーマルよりは使い勝手がいいと思いました。

その分ツマミが小さい為回しにくいのは大いなる犠牲ですかね。

ブリッジも今風の6WAYの為調整はしやすいのですが、問題点がひとつ。

個体差かもしれませんが、イモネジが勝手に飛び出してきてました。。。

部分部分では指で回せるくらいテンションがかかっていなくて、危うく無くしかねないところでしたが、これは外国製とはいえ流石にビビりました;;

では★採点。

音:★★★★★(変わり種とはいえさすがはテレキャス。クリーンの立ち上がりは自分の持ってるギターの中でもトップクラスです。ハムなのでノイズも少ないですし、パワーも申し分ありません。とりあえず普通のテレキャスの音はしません)

 作り:★★★★☆(目立った問題はないです。フレットの加工も丁寧です。龍キャスのように手が削れたりはしませんwただイモネジがまた外れそうにならないか不安なのでマイナス1です)

 弾き易さ:★★★☆☆(とりあえず重いです。家で座って弾く分には何の問題もありませんが、立って弾いてたらきっと肩こりますね。まぁ木が詰まってる証拠ということで自分を納得させています。バックコンター最高;;)

 コストパフォーマンス:★★★★★(実際かなり拘って作られているので、持った瞬間の安っぽさは感じませんし、性能面でもハム仕様のテレキャスを求めている方には十分かと)

 総合:★★★★☆(当然買って後悔はしてません。ただ想像以上に強烈に重かったのでマイナス1。これに関しては完全に個人主観なので人によっては問題にならないかもしれませんが)

というわけで、今後ベイでは「のっぺり(サイクロン)」と、この「かまぼこ(命名ちっちゃん)」を中心に使用していこうと思います。

同じHHだけど、サイクロンの方が少し暴れる感じかなと。

曲によって使い分けるのも面白いと思うけど、持ち運ぶのがめんどいのでその日の気分で変えていきます。

まぁ間違いなく次のライブではお披露目になると思われますので、今後共よろしくお願いします。

余談ですが、見た目と取り回しは8kの龍キャスのほうが良かったんじゃないかと思うから奥が深いですよw

ちなみに龍キャスはトシさんの家に無事嫁いで行きました。
[PR]
by djfax | 2011-03-03 18:58 | 人気企画シリーズ(笑) | Trackback | Comments(3)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^