オリンピック

やはり熱いですね~。

サッカーのワールドカップとかもそうなんだけど、やっぱり命を削って世界一の座を競い合うのは迫力も感動も違う。

オリンピックなんて瞬間瞬間がその目白押しですもんね。

スポーツっていいな。

青春時代にはまったくもって興味を持たなかったけど、やっぱこういう一流を見てると、少なからず身体がうずきますよね。

まぁ調子に乗って怪我するだけだから無理しないけどさ。。。

毎大会気付けばいろいろとジャッジの問題やら出てきますけど、どんなジャッジだろうが、それがあってこそのスポーツですからね。

ルールがなかったらスポーツなんてただの喧嘩ですからね。

そのときのジャッジが素晴らしかろうが酷かろうが、それも時の運なんじゃないでしょうか。

選手はそんな簡単に諦められないだろうけど、それを覆せるようなことがあったら戦争なんですよ。

だって、これだけの実力者が揃えば、実力だけじゃ勝てないでしょうしね。

嫁は寝不足覚悟で毎日見まくってるらしいけど、なんとなく気持ちは解りますね。

素晴らしいぞスポーツ!

「NO SPORTS NO LIFE」(自分はやらんけど)!
[PR]
by djfax | 2012-07-31 01:05 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(0)

ROCK SMITH 続報

以前紹介した、本物のギターを使ってプレイできるゲーム「ROCK SMITH」にギター同梱版が数量限定で発売されるとの情報を入手。

参考URL→http://www.famitsu.com/news/201207/25018571.html

ふむ・・・まぁ個人的には島〇じゃなくて、池〇と石〇なところがちょっと好感度アップなんだけど(笑)、ラインナップを見てると、これはギブソン全面協力ということなんですかね(エピだけど)?

しかも、値段を見てみるとこれはゲーム単体の価格を引いても、エピのギターが1万円くらいで買えるってことですよね?

どの程度のクオリティのギターかは解らないけど、これを機会にギターを始めようという方にはいいチャンスなんじゃないかと。

むしろレスポールカスタムがラインナップされてたら買ってたわ~w

ていうか、「Maestro by Gibson」って・・・何?w
[PR]
by djfax | 2012-07-27 03:17 | ゲーム関係 | Trackback | Comments(5)

結局センスなんですよ。

久しぶりに「オフスプリング」を聞いていて思ったことがあります。

どれも同じようなコード進行、曲調、テンポなのに不思議と飽きない。

むしろ聞くほどに新たな発見があるくらい。

言ってしまえば、ハード、ポップ、へヴィの3パターンくらいしかないんじゃないかってくらいのバンド性だし(それだけあれば十分なんですけどね)、デビューアルバムから先日出たニューアルバムに至るまで、たいした進化や変化もないのに未だに聞いていて飽きない。

似たようなバンドはたくさんあるけど、本当に似ているバンドなんて知らない。

今でこそ一昔前ほどのパンクコアブームでもないだろうけど、今でも生き残ってる売れ線パンクバンドなんてのは、グリーンデイとオフスプリングの影響は隠せないんじゃないでしょうか?

むしろこの2バンドが現代のパンクロックをメインストリームに押し上げた功労者ですもんね。

まぁパンクの定義が「反社会的な生き様」で、代名詞がピストルズやクラッシュなのだとすれば、みんなパンクとは名ばかりでライフスタイルはおとなしいものですけどね^^;

今やただのUKポップバンドになってしまったマニックスのデビュー当時のほうが幾分パンクだった気がするくらいですよw

話が逸れましたが、やっぱセンスなんでしょうね。

その一言でまとめてしまうのは簡単すぎるかもしれませんが、音楽を表現する上ではやっぱりそれが大きいなと思ったりしましたとさ。

だからといって、どうしようもないんだけどね。。。
[PR]
by djfax | 2012-07-26 04:59 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

「映画 けいおん!」をレンタルしてきました。

観ててすごく共感したことがあるんです。

初めての海外旅行って本当に期待と不安でいっぱいだったなって。

ちなみに初めての海外旅行は婚前旅行で行ったイタリアだったんだけど、嫁は既に海外旅行経験者だったもんで、そりゃもう頼もしいったらありゃしなかったですねw

そのときの思い出のひとつを嫁のマニキュア落としを使いながら沼色ギターのデカールをはがしてたら思い出しました。

確かローマかどこかにいる時に、嫁がふいに「マニキュア落としを忘れたてきたから買いたい」って言い出して。

海外旅行初の俺は見事なまでにビクビクしっぱなしだったら、ぶっちゃけ「見知らぬ土地で突然何言い出した」と思ったけど、嫁に連れられるままに日本語なんて皆無のデパートにふらっと入ったりして。

でも、思い返せばその時ばかりは純粋に海外にいるっていう不安を忘れて嫁の買い物を眺めてた気がします。

一言で言えば、全てが刺激的だったな。

日本でも、海外の商品が並ぶスーパーっているだけで無条件で楽しくないですか?

知的好奇心全開になっちゃうんですよね。

どんな着色料つかってるんだろうとかってw

ちなみに、この映画ほど海外旅行に行く前のサクセスを細かく描写した作品もないんじゃないかなってところも凄く共感できたりしました。

彼女達ほどサプライズはなかったけど、なんかまた大きな旅に出たくなりました。

安月給だけどがんばって貯金しよっと;;

別におススメはしないけど、なんかやっぱいいアニメだなと思いました。

けいおん・・・フォーエヴァー。
[PR]
by djfax | 2012-07-25 01:27 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(0)

アバンテ

俺の青春ホビーのひとつ「ミニ四駆」。

そんなミニ四駆も30周年だそうです。

そういえば、以前ジャパンカップがどうだのって話したっけ?

まぁそれは最早どうでもよくて、今回はそんなミニ四駆の中でも抜群の人気を誇った「アバンテ」のお話。

なんでそんなに人気があったのかはまったくもって未だに謎なんだけどね(当時のミニ四駆の主流だったラジコンのデフォルメシリーズのひとつだったし、漫画で登場したりはしてたけど特別なタイアップもなかったような気がするんだけど、俺の知識不足なだけですか?)。

そんなアバンテも、今も尚、最新機種「エアロアバンテ」として進化して世のキッズ(大きなお友達含む)達を魅了しているようです。

ということで、以下歴代アバンテの写真を転載。

世代の方は、ノスタルジックな気持ちに浸ってみてくださいね。



アバンテJr
a0168988_4282947.jpg

あ、超ナツいw



アバンテ2001 Jr
a0168988_4293425.jpg

これも買ったなー(ていうか、実家にあるな)。



ア前テ アメリカン
a0168988_432259.jpg

これは多分当時キッズのカリスマだった「田宮の前ちゃん」仕様だと思います。



アバンテ2001 Jr(VSシャーシ)
a0168988_4324084.jpg

2001のシャシー違い版。このVSシャシーのフロントバンパーの完成度がハンパないですねw
そういえば、ミニ四駆ってシャーシですよね(実車だとシャシーだけど)。



アバンテRS
a0168988_4332243.jpg

この辺から妙にスタイリッシュになってきてますね。



アバンテMk.Ⅱ
a0168988_4341329.jpg

もうこの辺になると別物ですな。



アバンテMk.Ⅲネロ
a0168988_435629.jpg

もう言われてもわかんないレベル。



アバンテMk.Ⅲアズール
a0168988_4353592.jpg

・・・アズール?



スーパーアバンテ RS
a0168988_436186.jpg

あ、なんか落ち着くデザインw



エアロアバンテ
a0168988_4362996.jpg

で、最新機種。



ようするに、アバンテはかっこよくて人気があるということ。

でも、ホーネットもいいよね。
[PR]
by djfax | 2012-07-22 04:36 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(2)

陸戦型

みなさんは「ガンダム」をご存知だろうか?

そう、あの「ガンダム」です。

ガンダム自体に興味はなくても、ガンダムと聞けば「アニメ」であり、「ロボット」であるということくらいは今や誰もがご存知であろうかと思います。

まぁ一切興味がなければ「AKB48」のように、未だにまったくよく解らないという人もいると思いますが、俺はそのガンダムの中でも「陸戦型ガンダム」というのが最近のお気に入りなのです。

読んで字の如く「陸戦型」のガンダムなので宇宙では戦えません。

しかも本家ガンダムの余剰パーツで作られているので、ガンダムなのに量産型だったりします。

そもそも余剰パーツがあるならガンダム作れよって思うかもしれませんが、その辺はきっと大人の事情があるのでしょう。

ただ、量産型なだけに汎用性に長けているので何体も作られています。

その辺が「兵器」って感じがするんですよね。

別に戦争は肯定しないし、兵器も好きじゃないんだけど、俺なにしろ「ガンヘッド」が好きなもんでね。

「ガンヘッド」って、そもそも「ガンヘッド大隊」っていうガンヘッドという無人ロボット200機で構成された部隊があったんだけど、「エアロボット」っていう強い敵のロボットにみんなやられちゃって、それをトレジャーハンターのブルックリン(高嶋政宏)が成り行きでガンヘッドを有人化してたった1体でエアロボットをやっつけてしまうっていうまさに男のロマンがあるのですよ。

だから普通のガンダムのように特別凄い性能があるのじゃイマイチなんです。

量産型っていうところが熱いんですよ。

まぁ「0080」に登場したニュータイプ専用機の通称「アレックス」は、普通のテストパイロットに乗られて、普通の子供と徹夜で文化祭の用意まがいのことをした普通のパイロットの人に壊されてしまいましたけどね(そのパイロットは殉死してしまいましたが)。

やっぱりパイロット命なのですよ。

それでこそ感情移入ってものですよ。

マジどうでもいい話でしたね。

ちなみに俺の一番好きなガンダム作品は「0080」です(火垂るの墓ばりに泣いちゃいます)。

ちなみにアルの声優さんは、現ルパン三世の五右衛門の声優さんだそうです(全然違すぎてこれまた泣いちゃいます)。

ちなみに本当に一番好きなモビルスーツはアレックスです。
[PR]
by djfax | 2012-07-15 05:01 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(0)

ギャバソ THE MOVIE

「宇宙刑事ギャバン」が30周年記念という事で映画になるそうです。

宇宙刑事シリーズといえば、俺的には年代的にどストライクで、急に宇宙刑事じゃなくなったジライヤくらいまでずっと観てましたw

というわけで、以下「映画.com」からの抜粋記事です↓


今年で30周年を迎えた特撮ヒーロー「宇宙刑事ギャバン」の映画化が決定。「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」として10月20日から公開されることがわかった。

「宇宙刑事ギャバン」は、銀河連邦警察から派遣されたギャバンが、宇宙犯罪組織マクーの手から地球を守るため戦う姿を描いた特撮ヒーローアクション。「宇宙刑事シャリバン」(1983~84)や「宇宙刑事シャイダー」(84~85)へと続くメタルヒーローシリーズの第1弾として、1982~83年にTV放送。従来よりもパワーアップした特撮映像や高いSF性、スケールの大きなドラマ展開など、画期的な作品として人気を博した。

30周年を迎えた今年1月、スーパー戦隊シリーズとタッグを組んだ「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」で30年ぶりに復活し、初めて銀幕へ進出して話題を呼んだ。同作のヒットによって新たなファン層を獲得したギャバンが、TV放送当時を知る世代と、その次の世代へ向けて、スタイリッシュかつ衝撃的なヒーローとして帰ってくる。

主演には、一条寺烈を演じる大葉健二とともに、新たに十文字撃という青年役で石垣佑磨が加わる。2人のギャバンがどのようなかたちで競演するのかも注目だ。「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」や、TV版「宇宙刑事ギャバン」のアクション監督を務めた金田治がメガホンをとる。


いやぁ、胸アツですなw

流石に映画館では観ないけど、レンタルくらいはしてみようかなーw

まぁギャバンといえば、ギャバソの動画でもかなり知名度が高いと思うし、 ヒットするといいなぁと思います^^
[PR]
by djfax | 2012-07-15 03:27 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(0)

アンラッキーヤングメン

大塚英志のファンなので通販で購入してみました。

作中にもある重要なキーワードでもある、まさに映画のような漫画でした。

作画の藤原カムイ氏の絵は個人的には特に好みではないのですが、何かと自分の好きな作品のコミカライズを担当している方なのです。

「帝都物語」然り「犬狼伝説」然り(両作品とも大ファンなのです)。

作者があとがきでアピールされていた「過剰なまでの書き込み」が本当に凄いと思いました。

代表作といってしまっていいのか解らないけど、「ダイの大冒険」とはまったく違う作画を披露されていて、一コマ一コマ感動しきりでした。

漫画というひとことで括るのは勿体無いであろう、最早文学芸術の域に達している作品なのではないかと思います(作者達もそれを目指したと思いますしね)。

大塚英志の作品にはロマンがあります。

それはきっと俺が民俗学や都市伝説的なものが好きだからっていうのもあるだろうけど、一方的に心を揺さぶるようなフィクションを投げかけるだけの熱いだけの少年漫画とは明らかに違うメッセージ性があると思います。

情熱は情熱でも、一瞬で燃え上がるような情熱ではなくて、ずっと心の中でくすぶっている中年の情熱に訴えかけてくる作品ばかりです。

サイコはついていけませんでしたけどね。。。


初めてベイ全員でオンラインゲームをやりました。

一言で言えば、「めちゃくちゃ楽しかった」です。

そういえば、TVゲームって出始めの頃は友達とか家族とみんなでワイワイやってたもんだよな。

2次元に恋するようにゲームの一方通行的な性質で孤独を紛らわし、時間をもてあますためのものではなかったと再認識できた貴重な時間でした。

それでも楽しいから普通にひとりで遊びますけどね(ドラゴンズドグマ最高ー)。


上野動物園のパンダの赤ちゃんが亡くなってしまいました。

泣き声の映像とか流れると本当にせつなくなります。

大人はひとつもかわいくないけど、きっと俺にも子供が大人になっていく理由がそのうち解るときがくるんだと思います。

今は少しだけ解る気がしています。


解ったような偉そうな記事ばかりだったかもしれないけど、まぁとりあえず少し酔いました。

そういうことでお許しください。。。
[PR]
by djfax | 2012-07-12 04:57 | 本関係 | Trackback | Comments(0)

中〇人の絆?



ひったくり犯を付近の住民全員で成敗。

でも、住民が手にしているのは当たり所が悪かったら死ぬような凶器ばかり。

流石だね!
[PR]
by djfax | 2012-07-03 03:34 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(3)

最早夢

メタリカのライブがもう一度見たい!

そんなことをメタリカのDVDを見ながら思いまくってます。

さいたまスーパーアリーナのライブは本当に最高でした;;

少なくとも生きてる間に観れて一番良かったと思えるバンドのライブだったのは間違いないです(キリッ)。

そんなこんなで再来日を切に願っているのですが・・・

余計なお世話だろうけど、正直前回来日した時だって、きっと興行的にはギリギリだったんじゃないかと思うんですよねぇ(アリーナとスタンドの後ろ隙間ありまくってたし・・・)^^;

メタリカの相場っていうのは当然解らないけど、ドキュメンタリーで額面が公表されていたのは、現ベーシストの鶴次郎さんが加入する時の契約料金は、確か「100万$」だった気がします。

そんなバンドですからね。

いざ呼ぶのも並大抵のギャランティじゃないと思いますよ^^;

それでも欲を言えば、次こそは「BIG4」で来てもらいたいけど、実際問題メタリカ以外のバンドは確実にメタリカよりも知名度もセールス的にも劣るバンドなのは悲しきかな事実です;;

だからきっとスタジアム級のキャパが埋まるくらいの売り上げが見込める国じゃないと出来ないだろうから、BIG4来日は夢のまた夢なんだろうなぁと・・・。

でも、メタリカだけでいいから生きてる間にもう一度家族3人で見たいなと思う今日この頃です(シャムシェイドでもいいけどw)。
[PR]
by djfax | 2012-07-02 05:04 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^