<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

レトロコントローラー

a0168988_44039.jpg


ぶっちゃけあまり使ってないんだけど、持ってるだけで満足してるお気に入りグッズのひとつ。

他にもいろんなコントローラーを買った事があるんだけど、操作性云々よりもやっぱりこの見た目がお気に入りなのです。

ちなみにスー〇ァミ風の方は、ファ〇コン風のと揃えたいだけで買いました(まだ一度も使ったことありません)。

大いなる無駄遣い、ここに極まれり!

先日上司と「スプラッターハウス」の話をして盛り上がりました。

懐かしい話をしてるときが一番癒されます。

大いなる現実逃避、ここに極まれリ!!
[PR]
by djfax | 2013-06-30 04:38 | ゲーム関係 | Trackback | Comments(0)

We're A Happy Family

機会あってラモーンズのトリビュートアルバムを聞くことが出来ました。

もう10年も前の作品なんだけど、とにかく面子が凄すぎる。

俺が知ってるだけでも、参加アーティスト16組中10組は名前を見るだけで解るくらいのビッグネーム。

この面子を集めて企画をやったらサマ〇ニより金かかんじゃねぇかってくらい凄いんじゃないでしょうか^^;

どのくらい凄いかって、恐らく半分くらいはグラミー賞バンドなんじゃないかな、と(詳細不明)。

もう凄すぎてよく解んないから音のことは書かないけど、要するにラモーンズはそれだけ偉大だってことだけは何も言われなくても解りました。

というわけで、ユニクロ行ってTシャツ買ってきます。
[PR]
by djfax | 2013-06-24 04:52 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

そういえば、

「SIAM SHADE」のチケット無事当選しました^^

まぁ最速先行だし、スーパーアリーナなんてそう簡単に埋まるもんじゃないと思ってたけどさ^^;

というわけで、今から当日を楽しみにしております^^

先に楽しみがあるっていいことですね!

そういえば、CHACKはもうすぐソロベストを出しますね。

当然予約しました。

DAITAは外国人のメンバーと新たに組んだバンドのデビューアルバムがもうすぐ出ますね。

当然予約しました。

淳士のバンド「ブルハチ」ももうすぐ新譜が出るみたいですね。

まぁこれは予約はしてませんが、アルバムは未だにヘッドフォンでヘビロテ中です。

アルバムが出たら100%買います。

シャムシェイドはほんと青春なんですよ。

未だにこうしてソロも追っかけてるところがそれを物語ってるでしょ?

話は全然違うんだけど、この記事を先日出たBOφWYのベストを聴きながら書いているのですよ。

もしも新しくバンドを組もうとして、たまたま氷室京介と布袋寅泰みたいなメンバーと万が一めぐり会ってしまったらどうしようとか妄想してみたんですw

間違いなく音合わせ初日で何も悪いことしてないのに自ら脱退しますって言っちゃうんだろうなってw

きっとベースとドラムは「性格もいいし何より上手いな・・・絶対逃さないぞ!」って思うだろうけど、あの二人に関しては近づくことすらおこがましいと思ってしまうんじゃないかと感じてしまうほどのCDから伝わる天才的な存在感。

BOφWYをいろんな方向から目指したバンドはたくさんいただろうけど、誰もその域には達せていないだろうし、当の本人達もソロでどんな偉業を達してもその域には達せていないと思う。

それはセールス的なことや記録的なことではなく存在の価値としてのこと。

続編がオリジナルを超えられないジンクスと似てるのかもしれない。

そんな唯一無二の才能が数千円で手に入るんだから本当にこの世に産まれて良かったなとw

まぁ俺はレンタルだけどさ。。。

やべ、KISS来るんですね。

めちゃくちゃ観たいんですけど!!
[PR]
by djfax | 2013-06-23 04:35 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

3.33

ようやく「Q」観ました。

賛否両論あるみたいだけど、俺の中ではこんなに混乱をした映画は今までになかったし、こんなに衝撃を受けた映画もありませんでした。

前作との期間が空き過ぎかつオリジナルのTVアニメ版とまったく展開が違いすぎてストーリーは相変わらず訳解んないけど(空いてなくても解んないだろうけど)、とにかく映像と音楽の素晴らしさのインパクトだけで、「日本のアニメって本当に凄いんだろうな・・・」という直感的なレベルでしか捉えられませんでしたが^^;

俺の記憶が正しければ、確かQとFINALは同時上映だった気がしてたけど、いつの間にかFINALはタイトルすら変わって遥か先に公開予定のようですね^^;

なんか歳を取れば取るほど、エヴァって魅力を増すような気がしますね。

ほんとマニアックだなと。

ちなみに「FINAL」改め「シン・エヴァンゲリオン劇場版:II」は再来年の2015年公開予定だそうです。

もう待ちきれないとかそういうんじゃなくて、最早生きてる間に無事観れればいいやくらい神格化されておりますw

いろいろ考察されてるけど、確かにタイトルが「ヲン」から「オン」に戻ってますね。

まぁ俺の勝手な予想だけど、ここまでいろいろ別次元の展開が繰り広げられはしたけど、なんだかんだで結局フィナーレは、アニメ版の最終回の「おめでとうからのありがとう」に繋がるのではないかと思っております(きっとみんなそう思ってるはず!)。

そう思えば、冒頭のTVアニメとほとんど同じだった展開もニクいなと思い始めたりなんかしたり。

まぁきっといい意味で裏切られると思いますけどね(そんなんだったら製作する必要ないし)。

あまり興奮に任せて語り過ぎると、2015年の記事が非常に恥ずかしい内容になってしまいそうなので妄想はこのくらいにしておきます。。。

まだ未見の方は、是非全て完結してからイッキ見をおススメします!

なんせ訳わかんなくなりますのでw
[PR]
by djfax | 2013-06-18 05:53 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(0)

プチ自慢 その一

a0168988_22421582.jpg


幻のPSゲーム「夕闇通り探検隊」です↑

PS2のD端子も買ったし、久々にやろうと思って実家から持って来ました。

ちなみにこのゲーム。

幻ってくらいだからしっかりプレミアが付いています。

このソフトと攻略本の両方をアマ〇ンさんで探したら、安くても40k(ちなみにソフトは新品だと100kw)はするようです。

まぁなんでこんなゲームを持っているかというと、単純にタイミングだったんですよ。

たまたまこのゲームが出るちょっと前に「トワイライト・シンドローム」というゲームが仲間内の間で流行ってましてね。

そのゲームをみんなで怖がりながらそれを誤魔化すように面白おかしくやってるのが楽しかったのです。

まぁその頃から俺はきっと都市伝説の類が好きだったんでしょうね。

そんな「トワイライト~」の開発スタッフの手がけた新作が出るということで、試しに買ってみただけなんです。

ちなみにこのゲームが出た頃には見事に仲間内のトワイライトブームは終わってましたけどね。。。

攻略本は、当時まだまだインターネットは身近な存在ではなかったので、当たり前のように出るなり即購入したと。

むしろこのゲーム、恐ろしいほど伏線が多く、その構成がまた複雑かつ不親切なので、なんの情報もなしにはグッドエンディングでのクリアーはまず不可能と称されています。

どのくらい難解かというと、結局この攻略本に載っているデータも一部間違ってるというレベルなのですw

それゆえに攻略本までプレミアが付いているんでしょうね^^;

という訳で、改めてがんばって(攻略本を読んで)クリアーしてみようと思います^^
[PR]
by djfax | 2013-06-16 23:30 | ゲーム関係 | Trackback | Comments(0)

黄金期

やっぱりどう聞いてもかっこいい「Chinese Democracy」。

でもやっぱりなぜかハマらない「Chinese Democracy」。

最近パンクバンドの件もあって、個人的にガンズリバイバルブームなんだけど、何度聞いてもなんかそういう感じなんですよねぇ^^;

誰かが称してたけど、まさにアクセルのソロアルバムとしては満点っていう評価に他ならないですね。

やっぱりアクセル、スラッシュ、イジー、ダフ、スティーヴンのガンズのイメージが強すぎて、アクセルがどんなに超絶的な歌唱力で熱唱しようと、天才的な音楽的才能を発揮して作曲しても、過去の黄金期メンバーを超越するようなテクニックを持つメンバーを率いようと、やはりそれは自分が愛しリスペクトしたガンズとは別物ということに尽きるんですよね。

最近のアクセルは、往年のファンからすれば目を疑ってしまうほどの見事なまでの変貌っぷりを遂げ、歌声を聴かなくては誰だかわからないようなルックスになってしまいましたが(真〇にそっくり)、是非本当にこの世に奇跡があるのならば、もう一度黄金期のメンバーでのガンズを見てみたいものです(スティーヴンじゃなくてマットでもええよ)。

なんならヴェルヴェット・リヴォルヴァーにアクセルが加入しても問題ないのですがw

歳を取れば人間誰でも丸くなるもんだしさ(アクセルの体型のことじゃないですよ)。

ある意味、個人的にはBOφWYの再結成よりも見てみたいかもしれないです(どんな音楽をやっても当時のガンズの面影を残しそうなのでブランクは怖くないですw)。
[PR]
by djfax | 2013-06-16 04:36 | 音楽関係 | Trackback | Comments(4)

パンク、はじめました。

「ベイサイズでは出来ない(やらない)ことをやる企画その1」として、パンクバンドを始動してみました。

俺はいろんな音楽が好きだし、いろんなことをやりたいんだけど、節操の無い活動は自分の最もパーソナルなバンドであるベイサイズでこそ許されない。

じゃあその欲求をどこで満たすかというと、他にバンドを作るしかない。

という訳で、ヘビメタ、パンク、ソロ活動のうち、最も現実的であろうパンクから近しい友人の協力を得て昇華させて頂く事にしました。

それで今日は初めての音合わせだったんだけど、たくさんビジョンが見えたな^^

まだバンド名もないレベルなので、詳細はもっといろんなことが具体化してから発表しますが、目下の目標はとりあえず年内ライブ。

いつになるかは解んないけど、ベイと上手く平行して活動していけたらと思います。

これでベイでパンクの要素を無理やり取り入れる必要がなくなって少しスッキリするかもな~。

3コードもなんか新鮮でいいですね^^
[PR]
by djfax | 2013-06-14 01:31 | バンド関係 | Trackback | Comments(0)

UT

先日ユ〇クロに行ったらフェンダーのTシャツが売ってました。

そう。

あのフェンダーです。

別にボケなく有名楽器メーカーのあの「Fender」さんです。

キティちゃんばりに節操ねぇなと思いましたが、俺の中でフェンダーのTシャツというのは、高級なフェンダーのギターを買ったらおまけでくれるみたいな勝手なイメージがあるのです。

というわけで、当然買いませんでした(むしろどういった層の人が買うんだろう?)。

俺の中では「オーディオ〇クニカ」の帽子と同じくらい身につけたら負けなレベルなので。

そういえば「進撃の巨人」とコラボしてたTシャツがあった気がする!と思って、息子に無理やり着させようと探してみましたが、とっくになくなってたんですねorz

むしろアニメ放送中の今なくてどうすると思いますけどね。

余談なんですけど、その時に「ZIGGY」って書いてあるTシャツを発見したんです。

嫁と一緒に「え!?あのGL〇RIAのZIGGY!?」と二人して興奮して笑ってたのですが、よく見てみたら「デビッド・ボウイ」のことでしたwww

そんな大騒ぎしてひとりボケツッコミをしていた俺らのまわりには中学生くらいの少年の集団しかいなかったんだけど、きっとこの子たちはZIGGYなんて知らないんだろうなと嫁と一緒に遠い目をしてました。
[PR]
by djfax | 2013-06-13 02:10 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(4)

5/29のセトリ

今更だけど、先日のライブのセトリ解説させてつかぁさい。


1/sight scene

今回はベイには珍しくSEがありませんでした。

理由は持ち時間の都合と、カナイトが「あそこでSE流してるバンド見たことないから多分流せないですよ」って言ったから。

きっと俺の選ぶSEが気に入ってないんだと思いますw

というわけで、前回のライブからずっと使っていくぞ!と息巻いていた「挽歌のテーマ」早くも連続記録ストップw

仕方が無いので、それなりにセットリストには気を遣っているACKEEは、長めのギターフレーズから始まるこの曲を一曲目にチョイス。

メンバー人気は高いんだけど、今後のベイのコンセプトとはちょっとかけ離れてきたので、しばらくお蔵入りになるかもしれません。

あ、当然予定は未定です。

2/succubus

実に久しぶりに演奏しました。

むしろ4人編成になってからは間違いなく初めてです。

打ち合わせが足りなくてイントロうまく入れませんでした;;

今だから話しますけど、この曲の歌詞はu-zyと彼の元カノをイメージして書きました(もちろんu-zyには内緒で)。

もちろんモデルなだけでフィクションですけど、それゆえに詳しい内容が解りにくく英語にしてあるという凄い曲でもありますw

多分この曲もしばらくは聞き納めかな。

そういえば、この曲の間奏で調子に乗って前に出て行って戻る際に腰を痛めたんでしたね・・・(泣)。

3/OUT RAGE

定番の縦ノリです。

この曲だけはなんだかんだで今後もずっとセットリストに組み込まれていきそうな気がします。

4/オーヴァーライト

ゴリ押しでベイの代表曲にしようと目論んでいるのですが、ちょっと我ながら滲み出るビジュアル系っぽさが恥ずかしくなってきたのか、若干組むのに抵抗が出てきています^^;

もう俺も気付けばアラフォーですからねぇ。。。

これに代わるポジションの曲が出来れば自ずと外れていくと思いますが、個性は強いのでまだ需要はあるかな。

曲自体は良く出来てるから個人的には気に入ってるんですけどね~。

5/I Believe

蔵出しです。

曲の古さでいったら「sight scene」くらい古いです。

今回のセットリストは、ちょっと昔のギターロックっぽい曲を多めにして組んだので、流れでいけるかなと思って掘り出してみました。

ただ何しろ曲のイメージだけで作ったもんだから、歌詞がほぼ仮のままで死んでましてね(タイトルからして適当さが伝わりますもんね・・・)。

流石にこのままではヤバイと思って無理やり歌詞をマイナーチェンジしたんだけど、IIDANそのまま歌っちゃってたな。。。

マイナー調なんだけど、なぜか明るく聞こえる曲なのでメンバー受けはそれなりに良かったです。

やっぱみんなシンプルで明るい曲が好きなんですな。

作るの苦手なのに。。。

6/カルマ

前回のライブから曲が真面目だから予想以上に余韻を残して終われるという理由で、ラストに位置させているこちらも最近の定番曲です。

演奏もアレンジもシンプルだし歌詞も気に入ってるんだけど、そろそろこれも飽きてきたかなぁ^^;

まぁ数少ないミドルテンポの曲だから重宝してしまうんですけどね。

次回辺りは同じようなポジションの新曲を変わりに演奏してみようかなと思っております。





というわけで、当初は7曲の予定だったんだけど、予想以上に持ち時間が少なかったので急遽6曲に減らして挑みました。

ちなみに当時の映像資料がまだ手元に無いので記憶を頼りに書きましたが、全ては俺のグダグダ感が支配したステージだったと思います。

布袋ステップとかついにやっちゃったしw

まぁ俺的には一番ちょうどいい長さでもあるのですが、何しろ今回は初めてお世話になるハコだったので、なにより迷惑をかけたくなかったのでね。

本当は俺たちみたいな若干ラウドさが必要なバンドには不向きなハコなんじゃないかと言われていたので、最初に予定していたセットリストはかなりおとなしめに組んでたのですよ。

結局「なんだかんだで大丈夫なんじゃないか?」ということでコンセプトを明るい曲中心に変えたのですが、その為に練習はしたけど今回演奏出来なかった曲もあるので、機会があったらお披露目出来ればと思っております。

次回のライブは未定ですが、もう少し自分らしく開き直ってみようかなと。

ベイは結局歌モノですのでね^^
[PR]
by djfax | 2013-06-11 03:48 | バンド関係 | Trackback | Comments(0)

SKID ROW

フィル・ライノットの方ではなく、セバスチャン・バックの方のことです。

自分が高校時代に一番好きな洋楽バンドでした。

高校の文化祭で演奏した時も全曲「SKID ROW」でした。

そんなに好きだったのかと言われたら、まぁちょっと背伸びした感は否めませんよねw

洋楽が好きな自分が好きだったんでしょうねw

久々に聞いてたら懐かしくなりました。

名盤「SLAVE TO THE GRIND」リリース後、忘れた頃にいつの間にかリリースされていた「SUBHUMAN RACE」。

ビックリするくらい最早別物の音楽になっていました・・・。

どう考えても、それまでそこそこ当たり前に売れていたハードロックを急激に「時代遅れ」に追いやってしまったあの恐るべき「グランジ」のせいです。。。

でも、今聞くとメチャクチャかっこいい。

出来るものならベイサイズもこういうバンドにしたいくらいかっこいいw

まぁそんな時代に翻弄されまくって迷走しまくった末に、バンドの顔とも言えるべきボーカリストの「セバスチャン・バック」がすったもんだあって解雇になり、瞬く間に空気のような存在になってしまいました;;

今でも活動してるみたいですけど、俺に言わせればWANDSみたいな感じです-_-

というわけで、俺が大好きだった頃にレコーディングされてたのになぜかベストが出るまでお蔵入りになっていた日本人向けのキャッチーな名曲をどうぞ↓



最早俺の作曲の美学が全て詰まっていますね。

それを証拠にいろいろ解りやすいパクリがチラホラw
[PR]
by djfax | 2013-06-02 22:30 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^