<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS

a0168988_5265132.jpg


無事ファイナル行ってきました。

本当に素晴らしかった。

ロック最高。

思い返せば間違いなく俺にロックのロの字を教えてくれたのはヒムロックとBOφWYだ。

人に言わせればBOφWYはロックじゃないという人もいるかもしれない。

とかくいう自分も一時期商業ロックなんてロックじゃないといきがった時代はあった。

でも、俺に間違いなくロックのかっこよさを教えてくれた人たちは、みんな誰よりも売れていたからお店でCDが並んでいたのは紛うことなき事実。

俺が何も知らない純粋無垢だった少年時代にただひたすら憧れたヒーローは本物のカリスマロックボーカリストだった。

それが単純に嬉しかった。

MCでヒムロックはBOφWY時代の話をしていた。

 ・一番気に入っているアルバムは「JUST A HERO」。

 ・ロフトで演奏しまくって楽しけりゃ何でもOKみたいな若かった自分達が、ブレイク寸前で取り巻く環境が少しずつ変わってきて考え方が大人になっていった時代に作ったアルバム。

 ・今は亡き名プロデューサーの故佐久間正英氏が最高のアレンジをしてくれた。

そんな感じのことを言っていました。

その他にもB'zの松本孝弘、GLAYのTAKUROと3人で焼肉を食べた時の話も面白かったけどそれは割愛。

確かに言われてみれば、「JUST A HERO」が最高傑作になったから本当は解散しようとしていたというエピソードを思い出した。

いろんなインタビューの記事やゴシップは今までたくさん目にしてきたけれど、ヒムロック本人の声でBOφWYの話を聞いたのは初めてだった。

それが何よりも感動した。

そして、個人的に長年うやむやになっていた最大の謎。

BOφWYの発音はウイだった。

とてもスッキリした。

さて、セットリストを転載させて頂きます↓

01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. TO THE HIGHWAY
05. BABY ACTION
06. ROUGE OF GRAY
07. WELCOME TO THE TWILIGHT
08. MISS MYSTERY LADY
09. "16"
10. IF YOU WANT
11. LOVER'S DAY
12. CLOUDY HEART
13. LOVE & GAME
14. PARACHUTE
15. BANG THE BEAT
16. WARRIORS
17. NATIVE STRANGER
18. ONLY YOU
19. RENDEZ-VOUZ
20. BEAT SWEET
21. PLASTIC BOMB
22. WILD AT NIGHT
23. WILD ROMANCE
24. ANGEL
<アンコール>
25. The Sun Also Rises
26. 魂を抱いてくれ
27. IN THE NUDE
28. JEALOUSYを眠らせて
29. NO.N.Y.
<ダブルアンコール>
30. VIRGIN BEAT
31. KISS ME
32. ROXY
33. SUMMER GAME
<トリプルアンコール>
34. SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL
35. B・BLUE

今後は公言通りライブ活動は無期限活動停止(事実上の引退でしょう)。

のんびりとアルバム制作をしようと思っているそうです。

最早完全に隠居ともいえる発言だったので、これだけ凄いツアーの後だから燃え尽き症候群にならないかが心配です。

でも、ヒムロックがそういうのだから間違いなく次に音沙汰がある時はその時なのでしょう。

別に引退を撤回してくれたってファンとしては何の問題もないのです。

でも、あのヒムロックだから奇跡的に耳の調子が良くならなければありえないと思います。

耳が不自由なアーティストはたくさんいます。

晩年のベートーベンなんてまったく聞こえなかったというくらいなので、のんびりでいいのでこれからも素晴らしい音楽を作り続けて欲しいです。

「''60''」楽しみにしてます(笑)、。

青春をありがとうございました!!

p.s.松本孝弘とのコラボに期待してます^^




[PR]
by djfax | 2016-05-24 05:14 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

予習中

今日はついに「氷室京介」師匠の「LAST GIGS」のラストギグです。

今までいろんな貴重なメモリアルライブに参加してきましたが、今回はその中でもかなり意味のあるライブだと思っています。

何せ「引退」ですからね。

一般では最速の先行で当選したにも関わらず、蓋を開けてみれば「ファッ!?」って席でしたが、チケットが取れて浮かれていた俺に人生は甘いものではないぞなもしと鼻をイデがへし折りに来たのでしょうからそれはもう仕方ないと素直に受け入れます。

「BOφWY」と同じくらい大好きな「SIAM SHADE」の「DAITA」大先生も安定のサポート参加とのこと。

ある意味個人的夢のコラボ。

さて、当然このツアーで「BOφWY」のネタを語るのはナンセンスなのかもしれません。

あくまで「氷室京介」の「引退ライブ」ですからね。

それでも長年応援してきたファンの中にも、もう一度BOφWYを観たいと願う人が少なくないのは事実。

そこで氷室京介が出した最高の答えは、BOφWYとはまったく関係のない個人の引退ライブにも関わらず、BOφWYの曲を多数組み込んだセットリストを組み、なるべく原曲のイメージを壊さないように最早カラオケ状態のアレンジとしてるのが最大限のファンサービスであり歩み寄りなのだと俺は悟っています。

別にBOφWYの曲を演奏しなくても集客でき、意味のあるライブであるにも関わらずそのような形で敢行したのは、全てファンの為であると容易に察することが出来ます。

誰かのために生きてくことさえ自分の為だろうと「TAKUYA∞」大先生は言っております。

それでも自分の為に生きてくれるのは素直に嬉しいものです。

素敵。

心して参りましょう。

いざ鎌倉。

(注)当然氷室京介は俺の存在すら知りません。
[PR]
by djfax | 2016-05-23 04:11 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

適材適所

昔ながらの有名お菓子「サイコロキャラメル」が生産終了になってしまったそうです。

a0168988_53207.jpg


別に好物という訳でもないのですが(銀歯ハンターの確固たるイメージ故に敬遠しております)、決して高級ではなく庶民のお菓子的な存在が時代の流れの中で静かに消えていってしまうのは、やはり寂しい感じがします。

そして、何よりもこのシルエットを見て一部の方々が真っ先に思いつくのは「水曜どうでしょう」なのではないでしょうか?

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。

今後は、北海道限定のお土産として販売を継続することが決定しているそうです。

ということは、これで間違いなくファンが北海道土産にこぞって買い続けることが約束された訳ですから、水曜どうでしょうは歴史的なひとつのお菓子の命を救ったと言っても過言ではない訳です。

本当に素晴らしい番組ですね。

早く新作が見たいです^^
[PR]
by djfax | 2016-05-10 05:27 | どうでもいいこと | Trackback | Comments(2)

「AC/DC」のボーカリスト「ブライアン・ジョンソン」が聴力障害の問題で引退危機らしく、バンドは現在行われてる残りのツアーをゲストボーカリストを迎えてやり遂げるとのこと。

そのゲストボーカリストがなんと「Guns N' Roses」の「アクセル・ローズ」大先生。

確かに甲高いハイトーンボイスは両者の共通点かもしれませんが、そう来たかと。

「AC/DC」よりも「GN'R」で育った自分からすれば、正直めちゃくちゃ観てみたい。

しかし、純粋な「AC/DC」のファンは当然「アクセルのカラオケ」になることを懸念しており、チケットの払い戻しにも応じるという。

残念ながら日本公演はないので現実的に観に行くことは不可能ですが、ある意味プレミア公演、ある意味がっかり公演という微妙なツアーになってしまいましたとさ。

そんなことを思いながらいろいろググってたら、いつの間にか「スラッシュ」と「ダフ・マッケイガン」がガンズに復活してました。

どうせすぐ抜けちゃうと思いますけど。
[PR]
by djfax | 2016-05-04 06:33 | 音楽関係 | Trackback | Comments(0)

潮干ハント

何十年ぶりかに潮干狩りに行ってきました。

a0168988_22215257.jpg


最高に暑くて、最高に磯臭くて、最高に腕と腰が痛かったですが、気が付けばやめるタイミングが解らなくなるくらいエキサイトしてしまいました。

感覚的に宝さがしに似てるから、強欲な自分は思いのほか夢中になってしまったとさ。

結局獲ったら獲っただけお金払うことになるんですけどね。

a0168988_2229658.jpg


という訳で、今回はこれだけ収穫しました。

そろそろ飽き始めて来た頃に突然金山を掘り当てちゃったくらいのポイントを発見してしまい、思いのほか収穫出来たのですが、総重量2キロくらいに調整しようとして逃がしまくったら結局1.5kgくらいになっちゃいましたとさ。

a0168988_22341467.jpg


そして、丸一日貝嫌いの嫁が念入りな砂抜きを行い、あくる日満を持して完成した「あさりの酒蒸し」と「アサリのポン酢蒸し」。

特に写真右側のポン酢蒸しは簡単かつ想像以上にうまかったのでとてもおススメです。

もちろんクックパッドで見つけたレシピですが↓


 「あさりの酒蒸し♪」http://cookpad.com/recipe/3567634


 「レンジで簡単!アサリのポン酢蒸し☆」http://cookpad.com/recipe/3789655



俺もなんかレシピ考えてクックパッドデビューしたい今日この頃です。
[PR]
by djfax | 2016-05-01 22:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31