旅逝けば楽しいホテルカリフォルニア(仮)

djfax.exblog.jp
ブログトップ

ライブ情報

・フェアトライアル

comming soon


・ソロライブ

絶賛未定中


[PR]
# by djfax | 2019-12-31 06:34 | バンド関係 | Trackback | Comments(0)

初体験

生まれて初めてバスツアーなるものに参加してきました。

主の目的は高尾山で旬の紅葉を楽しむからの他の場所でもおかわり紅葉的な感じでした。

a0168988_10225006.jpg


画像編集してないので知らない人写りまくっちゃってるけど、カメラ壊れてるのでお許しください。

さて、高尾山は人気スポットなのでそりゃ混雑してるだろうと覚悟はしていましたが、混みすぎだろ!

リフト乗るのに1時間待ちって・・・(滞在時間3時間なのに)。

しかもうちは喪中なので参拝するでもなく、ただ何となく吊り橋らしきスポットが気になって向かってみるも気付けば舗装されていない山道をひた歩く何の変哲もないハイキング状態に。

深く考えずに何となく履いてきてしまったコンバースは悪路のショックを吸収できずに足首グネグネのダメージインク。

のっけから大きく体力を奪われつつも何とか目的の吊り橋まで辿り着き、その理想と現実のスケールのギャップにゲンナリ。

当然来た道をまた足首グネグネしながらひたすら戻り、人込みを掻き分けながら何とかバスに戻るも見事集合時間遅刻(本当に申し訳ありませんでした)。

ただひたすら体力を消耗しただけの体験となりましたとさ(肝心の紅葉の印象がほとんどありません)。


a0168988_10241035.jpg


次に辿り着いたのは「昭和記念公園」。

初めて来たけど、めちゃくちゃ広くていろいろあるんですね。

ちなみに制限時間は約1時間。

この広大かつ魅力的な公園に1時間だけ!?と思わず耳を疑ってしまいましたが、今回の主の目的はあくまで「紅葉」。

a0168988_10241590.jpg

恐らくこの見事なイチョウ並木を見せるために連れてきてくれたのだと思います。

イチョウの木の数も凄かったですがそれ以上に中国人の数が凄かったです。

見事に退屈しだしていた子供のご機嫌を取るために売店でキャッチボールが出来るおもちゃを購入して集合時間まで遊んでました。

最早何しに来たのかよくわからなかったです。

a0168988_10241983.jpg

最後の紅葉スポットとして案内されたのは「深大寺」でした。

実はここは我が家にとっては結構なレベルの因縁の場所で、ここで名物の蕎麦を食べるということが今回の一番の目的だったといっても過言ではありませんでした。

よもやこんな早いタイミングで訪れることになるとは思ってませんでしたが。

a0168988_10445201.jpg

という訳で、絶賛喪中中の我々が旬の紅葉にも深大寺にも目もくれず向かったお店がこちら。

見事にピントがずれてしまって分かりにくいかもしれませんが、店名にただならぬ因縁を感じチョイスしました。


a0168988_10445518.jpg

私が注文したのは安定のとろろ蕎麦でした(俺の中で)。

みんな思い思いの注文をしつつ美味しい美味しいと喜んですすり倒してました。

なんかスッと胸のつかえがひとつ落ちたような気がしました。



そんな感じでほぼ予定通りの健全な時間(夕方6時過ぎ頃)に地元にて解散。

当初はバス移動だからいつでも酒が飲めるんじゃないかって話してたんだけど、移動中にトイレ行きたくなって迷惑かけてもまずいと思い結局一切アルコールは摂取しませんでしたね。

バスツアーなんて初めてだったし、これからも縁はないと思ってましたが、なんだかんだで楽しかったです。

やはり自分のペースで行動できないから窮屈だし拘束されてる感は否めないけど、いろんなところに勝手に連れてってくれるのはやはり楽チンで思いのほか刺激的でした。

今度はもっと食べ放題とかお土産がたくさんもらえるツアーに参加したいなと思いました。

とりあえず紅葉のバスツアーはもういいかな。

ゆっくり見たいので自分で運転して行きます!

[PR]
# by djfax | 2018-12-08 04:27 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

カッパ割り

a0168988_07363890.jpg


最近レモンハイにハマってるおかげで家にある常備酒が焼酎しかありません。

それならそれで色んな楽しみ方をしてみようと色々調べてみたら「カッパ割り」に辿り着きました。

なかなかマニアックな飲み方だと思いますが、お隣の国ではメジャーな飲み方だそうで。

早速一口。

うん。

よくわかんない。

a0168988_07364359.jpg



という訳で、グラスを大きくして胡瓜も増量してみました。

うん。

大変青臭くございますね。

それ以上でもそれ以下でもない。

流石は胡瓜。

どおりで行く先々の居酒屋のメニューに無い訳だ。

お酒好きの方は騙されたと思って是非飲んでみてください。

責任は負いませんし、むしろ色んな意見を聞きたいです。

カッパ割りで小一時間語り合いたいです。

信者の方には論破される自信しかありませんが。

[PR]
# by djfax | 2018-11-23 03:45 | 完全酩酊状態 | Trackback | Comments(0)
最近やたらハマってる「PS4」のオンラインゲーム「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」。

「PS4」をお持ちの方は基本無料で遊べますので是非お試しください。

まぁゲームの話はまたするとして、そんな流れで記憶からほとんど抹消されていたガンダム熱がプチ再燃。

家にある数あるガンダムのDVD作品から迷いに迷い見直したのが「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」でした。

やはり自分の中でのガンダム最高傑作はこの「ポケ戦」です。

実際SEED以降のガンダムは見ていないに等しいので、もしかしたらマイベストが他にもあるかもしれませんが現時点では間違いなく「ポケ戦」。

元々好きな作品でしたが、初見の頃から色々あった現在、改めて見直してみるとより感情が揺さぶられました。

ガンダムに乗らない普通の小学生の主人公「アル」。

「アムロ」の為に開発された死ぬほどかっこいいデザインの幻の新型ガンダム「アレックス(得意技背泳ぎ)」。

プライベートと仕事時のギャップ萌えがたまらない「クリス」の女子力(声優加点あり)。

ザクタイプではこれまた断トツにかっこいいデザインのライバル機「ケンプファー(パトレイバーに出てきそう)」。

にわかファンのジオン軍に対するイメージを覆すであろう正義感溢れる好青年「バーニィ」。

最悪のニアミスによって引き起こされる運命の悲劇と結末。

声オタ的には、今や渋い声でル〇ン三世の石川五右衛門役を務めるアル役の「浪川大輔」のリアルな成長っぷりを感じてみたり、この作品が無ければ実現しなかったとされる「3×3EYES」のパイと八雲コンビに思いを馳せるもまた一興。

アムロが駆ったガンダムの活躍を知っていれば知っているほど脚本の重みが増します。

軽く作品の魅力を箇条書きするつもりが思いが溢れてしまって収まりそうにないので、この話はまたの機会に。

是非死ぬまでに一度ご覧ください。

クリスによろしく。

バーニィによろしく。



p.s.

そんな記事を書いておいて公開せずに保管してたら「バーニィ」役の声優、辻谷耕史さんが亡くなってしまいました。

大好きな作品だっただけに大変ショックです。

俺みたいなにわかヲタには、当時の作品を超越したメディアミックス的なヲタ文化が凄く煌めいていて、辻谷さんと林原閣下のコンビはどストライクでした(今でいうコラボってやつに近いかもしれません)。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



p.s.

今思えば、アレックスのパイロットは結果的にアムロでは無くて最終的にもクリスで良かったのかもしれないと思っております(歴史の結果に影響は無かっただろうし)。

[PR]
# by djfax | 2018-11-09 03:51 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(0)

オナシャス!

a0168988_03344188.jpg

写真はものすごい勢いで完全にエアプですが、先述の通りうちの子供はガンダムに猛ハマり中でして。

口を開けば最早ガンダムの浅い知識やら「翔べ!ガンダム」しか発声しない始末です(たまにのび太君の豆)。

ある日、子供がこう言いました。



子供「ガンダムのクイズを出すから答えてね」

俺「うん」

子供「ボクが好きなガンダムのキャラ3人は誰でしょう」

俺「・・・うん?」

妻「それじゃガンダムクイズじゃなくて自分のクイズじゃん」

子供「・・・うん?」



ちなみに、正解は「アムロ・レイ」、「ハヤト・コバヤシ」、「リュウ・ホセイ」だそうです。

多分すぐに変わると思います。

私個人としては、ガンダムのキャラはほとんど好きになれません。

どうにも癖が強い人ばかりで、素直にリスペクト出来る真っ直ぐな人がほとんどいないので。

極限状態の戦時下といえど、流石にみんなアドリブききすぎだろと。

その中でも、あえて3人選ばせて頂くなら「リュウ・ホセイ」、「パオロ・カシアス」、「池田秀一(LOVE)様」ですかね。

リュウさん好きなのは血は争えないということで。

もしも唯一人格形成されているリュウさんがガンダムの正式パイロットだったら一年戦争はどうなってたのだろうか・・・。

誰か薄い本でもいいからif作って欲しいです(結末は作者さんの解釈にお任せしますので)。

[PR]
# by djfax | 2018-11-09 03:14 | TV、映画関係 | Trackback | Comments(0)

アウトドアライフに憧れインドアライフに甘んじる籠の中の鳥ことACKEEの日常ブログ(恨み節)です^^


by Ackee